Posted on 2017.04.20 by MUSICA編集部

175R、7年ぶりの新作『GET UP YOUTH!』
アルバムに込められた意志と、
己が信条「ハッピーライフ」をSHOGOが語る

夢に縛られるのは本当に本末転倒なことで、
だから僕は客観視してないとダメだなって。
叶えられるものと叶えられないものを、
この年になると選別しないといけない

『MUSICA 5月号 Vol.121』P.132より掲載

 

■昨年行われました骸骨祭りで復活されて、ついに7年ぶりのフルアルバムがリリースされます。前のめりで、パワフルで、夢に向かっていく初々しいエネルギーに満ちた作品になっていると思うんですけど、何故7年ぶりのアルバムでこんなにもフレッシュな作品が出せたんだと思いますか?

6年間の休止期間があって、僕の中では今回の活動再開が新しいバンドをまた1から組むようなイメージで動き始めたので。ファーストアルバムを作るようなイメージで作っていったんですよね。それで先ほど言ってもらったようなそういうものが今回の作品には詰まってる気はしますね。ただ現実として、僕らは1枚目のアルバムのようなイメージで作ったと言えども、やっぱり7枚目のアルバムであり、今のバンドシーンを賑わせている若手のバンドさんとはやっぱり違うので。そこは今までの経験値みたいなものが歌詞だったりサウンド面にも出てればいいなとは思いますね」

■たとえば1曲目の“歓びの詩”では<フロアも皆 ステージも皆/ごちゃまぜだ 境界線なくして>って歌われていて。ここからはジャンルはもちろん、これまでのキャリアとかしがらみとかも取っ払って新しい自由な音楽を作りたいっていう気持ちがうかがえたんですけど、実際にそういう気持ちはありましたか?

「ありますね。やっぱり一度歩みを止める時にはいろんな覚悟があったし、いろんなストレスも溜まっていて。それを消化していくような6年間だったと思うんですけど、活動を再開する以上また同じことを繰り返したくないっていう気持ちが凄く強いので。だから音の面でもそうですし、マイペースにいくっていうのを特に意識していきたいなって」

■その活動休止前に「ストレスも溜まっていた」っていうのは、たとえばどういう部分で感じてたんですか?

「ずっと同じメンバーでやってきた中で、メンバーの音楽に対する接し方だったりモチヴェーションだったりに差を感じてたんです。誰かに言われて組んだバンドじゃないし、自分達が好きで始めた音楽だし、しかもそれがここまで長く続いているっていう……だから音楽ってやっぱり凄く大事なものなので、そこでは嘘をつきたくないっていう気持ちが強かったんですよね。最初はとにかくがむしゃらにやってって、それが次第に結果に繋がっていって、そしていわゆる職業のようなものになっているんですけど。そこの線引きって凄く難しいじゃないですか? だって音楽って、それが職業になったとしても、自分にとっては趣味の延長線上でもあると思うので」

■もちろん、そうですよね。

「で、それに加えて必然的なことなのかもしれないですけど、どんどんセールスだったり動員だったりも、自分達の思うようにはならなくなっていくって中でいろいろ葛藤しますよね。そこで、だったらなおさら、『大事にしてきた音楽を食うためにやりたくない』みたいな気持ちが逆に出てくるし、メンバーに対しても、組んだ当初のような気持ちで音楽に向き合って欲しいって気持ちが強くなっていって――だって、レコード会社や事務所の方がいたり、いいスタジオでレコーディングできるっていう環境があるんだから、本当はもっともっとたくさんのことができると思ったんですよね。ただ、本人達にいろいろ意見はあると思うんですけど、それが僕が見ている限りではそれができなかったっていう。それであまり変わらないメンバーに対して、苛立ちだったりを当時は凄い感じてて」

■そういう経緯があったんですね。SHOGOさんは休止期間中には一時ロンドンに住まれていた時期もありましたし、ソロで音楽の活動をされながら舞台も経験されていて。そういう様々な経験をされているうちに、175Rっていうのを相対化していったり客観視する時間があったと思うんですけど、そういった感覚はご自身では持たれていますか。

「確かにそうですね――いや、でも僕の場合は元々客観視していたんですよ、どっかで175Rっていうものを。それはきっと組んだ時からそうでしたね。だからメンバー写真とかを撮っていく時も『ヴォーカルはひとり金髪で、やんちゃで――』とかそういうイメージがあったし……でも今の175Rに関して言うと、正直わかんないですね」

■というのは?

「6年って言葉にすると凄く長いんですけど、僕にとっては本当に休止期間も充実していた分、2、3年しか経っていないイメージがあるというか。なのでこの間TOTALFATにイベント呼んでもらった時、彼らが『帰ってきたレジェンド!』って僕らを紹介したんですよ。そうやって言ってくれるのが凄く嬉しい反面、もうそれがこそばゆくって。でもそこで共演したENTHっていうバンドも、『初めてチケットを買ってライヴに行ったのが175Rでした』っていうのを楽屋裏で言ってくれたりして……なんか自分としては玉手箱を開けたような不思議な気分で(笑)。ただ、実際久しぶりにライヴをやった去年末は、過去の曲をライヴでやったら『なんかこれちょっと今の時代とマッチしてねーな』と思うこともあったんで。だからそういう意味でも、やっぱり作ったばかりの新曲でライヴやりたいなっていう気持ちになっているし、今の175Rを若い子にも提示していきたいんですよね。それこそWANIMAだったり、ブルエンやフォーリミとかってところに、イナゴって略されて入りたいなっていう気はしますね」

(続きは本誌をチェック!

text by黒田隆太朗

『MUSICA5月号 Vol.121』

Posted on 2017.04.20 by MUSICA編集部

BLUE ENCOUNT、渾身のバラード『さよなら』を発表。
アルバム『THE END』から3ヵ月、
本作に込めた想いと確かな自信を田邊が語る

1年前と比べたら、MCの量が全然減ってて。
自分の中でも「あ、俺歌いたい」ってなってる。
曲でも多くやらせてくれって。
とにかく音楽に埋もれたいなっていう気持ちがめちゃくちゃ強いんです

『MUSICA 5月号 Vol.121』P.92より掲載

 

■『THE END』の取材以来なんですけど――。

「アルバムのインタヴューが大晦日でしたもんね(笑)」

2016年の大晦日の、しかも夜に取材するっていうね(笑)。

「あの後、Zepp(カウントダウンイベント「GT2017」に出演)に行って細美さん(細美武士)とベロベロになり(笑)。いい大晦日でした。細美さんに初めてちゃんとライヴ観てもらって、『お前ら超いいライヴしてたね』って言ってもらって。その後もラジオとかで『東北をあいつらと一緒に周りたい』って言ってくれたりして、凄い近くなれた日でしたね。で、年明けてから正式に『ラストコップ THE MOVIE』の主題歌のお話をいただきまして」

■あ、ということはアルバムリリースしてから作ったんだ。映画主題歌ってかなり前から制作してる場合もあるけど、これは『THE END』後のブルエンが作った楽曲なんだね。

「そうですね、だから最新の僕らですね。昨年、『ラストコップ』の打ち上げがあったんですよ。僕らも僭越ながら出させていただいて、“LAST HERO”をアコースティックで歌わせていただいて、そこで『映画版もBLUE ENCOUNTでご用命お願いします』って言ったんですけど――」

■よ、営業上手!

「そしたら本当に1月にお話をいただきまして。ただ、その話以前に、今回はブルエンの中でも絶対バラードだなっていうイメージはあったんですよ」

■それはどうして?

「やっぱり“LAST HERO”っていう曲はBLUE ENCOUNTのイメージをさらに強くするきっかけになったと思うんですよ。あれでミュージックステーションも出させていただいたし、世の中的にはエモくロックをするバンドだっていうようなイメージが強くなったと思うんですよね。で、そこからすぐに出した『THE END』は、そういうパブリックイメージを壊しつつも、エモーショナルっていうことに対する僕らなりの解釈を噛み締めてやれたアルバムだったと思ってて。それが今まで以上にCDもいろんな人に届いてるなってう反響もあったし――実際、今やってるツアーでも、初日に思わず4人で顔を見合わせたぐらい、もう1曲目から『あ、この人達、このアルバムをちゃんと聴き込んでる』って思うような反応があって。だからこそ、次の一手って考えた時に、自信を持ってまた裏切ることが大事なのかなと思って。だからこそバラード一択だなっていうのはみんなの中に凄くあったんですよね。あとはもちろん、映画の最後にパンと流れた時、映画で描かれたストーリーの先にあるもうひとつのドラマを作りたかったというのもあって。脚本を読ませていただいたら、今までの『ラストコップ』になかった切ない結末だなと感じて……脚本を読み終わった時にパッと浮かんだ言葉が『さよなら』だったので、それをテーマにしたいなと。『LAST HERO』、『THE END』、『さよなら』って、どんだけ終わらせたいんだみたいな感じですけど――」

■ははははははははは、まさに。

「ただ、そこに乗ってる気持ちは結構違ってて。『THE END』の時期は、バンドとして何を打ち出すのかっていうこと含め、自分達のイメージとか終わりを壊すっていう意味合いで『THE END』とか決別っていう言葉を大事にしてたんですけど、アルバムでその答えが出たからこそ、今回は純粋な気持ちのさよならからの一歩みたいなものを書けたなとは思いますね。個人的にもちょうどその前後で別れが結構続いたんですよね。ウチのチームに長くいたスタッフマネージャーさんが別の部署に移ったり、僕がめちゃくちゃ仲よかった親戚のおばあちゃんが亡くなってしまったりってことがあったんですよ。寿命だったんですけど、小中学校の時とかしょっちゅうお世話になってた人が亡くなってしまって……そういうタイミングだったこともあって今回は別れっていうものと向き合ってみようと思って。で、そういう曲だからこそ、ちゃんと真横で聴く人の体験に寄り添いたいし、切ないんだけどブルエンらしい温かさをまとってたいなとも思ったし。ちょうど1年ぐらい前に“はじまり”っていうシングルを出したんですけど、あれは応援歌っていう感じのバラードだったじゃないですか。でも今回は、これを応援歌と取ってもらってもいいですし、ただただ悲しさを抱きしめる曲になってもいいと思うっていうぐらい、ちゃんとリスナーに委ねられる曲になったと思います」

■このバンドはアルバムにバラードが入ってくるバンドだし、確かに“はじまり”もバラードだったけど、ただ、ここまでポップス性の強いバラードをシングルとして切るのは初めてで。

「ここまで明確にしたのは初めてかもしれないですね」

■『THE END』は、“city”みたいな曲が入っていたことも含め、BLUE ENCOUNTの音楽的なイメージをより明確に広げてみせたアルバムだったわけですけど、あのアルバムを作り上げたからこそ、ここまで歌メインのアレンジに行き切れたっていうのもあるんですか?

「やっぱり凄く自信がついたっていうのがデカいかもしれないですね。前回のインタヴューでお話した通り、昨年はバンドとして方向性を迷ってた時期が結構あったんですけど、やっぱり『THE END』で自分達の中にある方向性をすべて出したことによって、怖さがなくなったっていうのはあるかもしれない。今また新曲を作ってるんですけど、どう思われたいっていう感覚がなくなったんですよ。今まではいかに泣き虫から脱却するかとか、あるいはMCの強みとかからも脱却するかみたいなところが凄くあったんですけど。そういうことじゃなくて、単純に自分達がその時に鳴らしたい音を鳴らすことが、バンドとして一番エグみのない強いものになるんだなっていう自信がついたと言いますか。だから“さよなら”も裏でシンセサイザーを入れたりして、どバンドサウンドよりは歌を前面に押し出すことをキーワードにすることができたし。でも、この前、幕張メッセのワンマンの時に初めて披露したんですけど、歌ってて結構ロックだなって思えたんですよ。音の厚さとかじゃなくて、その曲をバンドがどう大切に扱うかで音の質量が変わってくるんだなってことを実感したし、たぶんこれが今のブルエンがやりたい音の厚さなんだなって思って……なんか、音ってこんなにも自分達が出るんだなっていうのが凄くわかりましたね」

(続きは本誌をチェック!

text by有泉智子

『MUSICA5月号 Vol.121』

Posted on 2017.04.17 by MUSICA編集部

Mrs. GREEN APPLE、
早くもシングル『どこかで日は昇る』を発表!
希望のバラードに秘められた大森の原風景に迫る

ひとつだけ昔と絶対違うのは、
昔は俺のことをわかって欲しいっていう表現として
曲を作ってたんだけど
今はサビに歌詞がないような曲を作るぐらいだから
つまり、今は音楽として存在しようっていうふうになってる。
そこが大きな違いだと思う

『MUSICA 5月号 Vol.121』P.78より掲載

 

 

■このシングルはいつ作ってたんですか?

1月から制作始めて、1月末くらいにはデモとしては納品してたと思う」

■ということは、マジで全然止まってないね。

「そう(笑)。だからアルバムのキャンペーンを周りながらこのシングルを制作してる、みたいな感じでしたね」

■で、そのままツアーに出て。今はちょうどアルバムツアーのライヴハウス編が終わったところでなんですけど、ライヴハウス編はどうでしたか?

「前回のツアーが僕らのターニングポイントになるライヴだなっていうのは思ってたんですけど、あの時に掴み始めた感覚みたいなものをもっとラフに扱えるようになりましたね。だから今、ライヴが凄く楽しくて」

■その掴み始めたものって、言葉にするとどんなことなの?

「あんまり作り込まず、自由に音楽を楽しむみたいな感覚っていうか。ライヴにおいて『こうでなきゃいけない』みたいなことって、僕らもそうだけどお客さんにもあるなと思っていて。たとえば手を挙げてノる文化とかもそうだけど。あれって見た目もわかりやすいし、カラダ的にもわかりやすいんだろうけど、でも、ずっとそればっかりやられる違和感みたいなものがあったんですよね。ビートが違うのに、結果的に同じ体のノリになってしまうのってあんまり音楽的じゃないなと思うんですよ」

■本来はリズムが違えば、自ずとノリも踊り方も変わるものだからね。

「そう、そういう自由に音楽を楽しむ感じにしたかったんです。だから今回はツアーが始まる前から――僕らが周ったのはライヴハウスなんだけど、それをもっとクラブみたいにというか、もっとエンターテインメントな会場にしたいなと思って。来たことない子にとっては、やっぱりライヴハウスってちょっと敷居が高かったりとか、怖いみたいなイメージがあるものだと思うんですよ。薄暗くて、ライヴが始まったらグッと波が起こって。あれだけギュッとなってる空間だから具合悪くなっちゃう子もいたりして、慣れない人にとってはとても恐ろしい場所でもあるなと思ってて」

■それこそミセスのライヴだと、初めてライヴに来る子も凄く多いよね。

「めちゃめちゃ多いですね。今回、各会場半分ぐらいそういう子達でした。ぶっちゃけ、僕自身もあまり得意な環境ではなかったんですよ。自分も『よし!』って気合い入れないとなかなか出られない環境だった部分もあって。語弊があるかもしれないけど、最初の頃はライヴハウスってあまり僕らのフィールドではないなと思っていたし」

■それはどういう意味で?

「やっぱりアリーナでやりたいって思ってたから、そのための段階としてライヴハウスから始めていった感じだったので。だからアリーナとかホールだったら当時からいくらでもイメージが湧いてたんですけど、ライヴハウスってまったくイメージが湧かなかったんです。……だから今回は、まず自分がライヴハウスをいい環境にできないかなっていうところから始まったかな。ライヴハウスに今まであった概念みたいな、常識みたいなものを1回ここで変えたいなっていう話をしたんですよね。それでLEDのチューブみたいなものをライヴハウス全体に飾ったりして。要は、ライヴハウスなんだけどライヴハウスじゃないみたいな環境作りから始まって。で、お客さんにもまずMCで自由でいいんですよっていう話をして。知らない人が横にいるかもしれないけど、同じアーティストを聴きに来てるんだから、みんな自由に、好きにノレばいいんですよって話して。ツアーでやってる新曲があるんですけど、それがディスコ調というか、エレクトロなダンスミュージックの曲で、しかもサビはひたすら<Whoo>しか言ってない曲なんですよ。サビに歌詞がないっていう」

■ほー! 元貴くんがそういう曲を作るのは珍しいね。

「初めて(笑)。今まで僕らは歌詞をいっぱい紡いで、それをどういうふうに落とし込むかっていうことをやってきたバンドなんだけど、まったくそういうことをしないで、本当に音像だけで感じる曲をやってて。ライヴでそういうのが1曲あっても面白いのかなと思って作ったんですけど。音だけでまずノる文化っていうのは割と日本人は苦手だなと思うので、だから敢えてそういう曲をやって、変えていきたいなと思ったんですよね。で、その曲でキーボードの涼ちゃん(藤澤涼架)をフロアに突っ込んで、涼ちゃんはお客さんと一緒に踊るっていう(笑)。だから今回のツアーは今までのライヴでは観たことのない光景になっていたかなと思います」

■そういうふうにしていったことによって、自分がステージで音を鳴らしてる感覚だったり歌ってる感覚も違うの?

「全然違いますね。今までよりもとても自由です。だからすごく伸び伸びしてると思うし、楽しいです」

■今までよりも音楽を一緒に楽しむことができる場になってると。

「まさにそうだと思います。あと、僕らの自覚としても、まず楽器を演奏して音楽を鳴らす人達だっていう――当たり前のことなんだけど、そこが今まで全然強くなかったんで。そもそも、そこを補おうと思ってある程度エンタメにいった部分もあったし――」

(続きは本誌をチェック!

text by有泉智子

『MUSICA5月号 Vol.121』