Posted on 2018.05.26 by MUSICA編集部

ヤバイTシャツ屋さん、オリコン4位を記録したアルバムから
4ヵ月で届いたニューシングル『げんきいっぱい』。
ポリープ手術を無事に終えたこやまたくやに接触し、
休養期間を経た今の想いと今後のヴィジョンを語り倒す!

最近悩んでるのが、大衆的になり過ぎるのが怖いなって思ってて。
僕達の場合は変に売れ過ぎるとダサいってことを凄く感じてて……
ある程度のアンダーグラウンド感を残しながら大衆的になりたい

『MUSICA6月号 Vol.134』より引用

 

(前略)

■絶好調のタイミングでのニューシングルですが、リード曲である“鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック”は、このタイアップはちゃんと数字に繋がるっていう実績があると言われている東京モード学園のCMソングで。そんな曲で何を歌ってるのかと言えば、完全に自虐ですよね。CDが売れて嬉しいって言ってるのに、<もうCDに価値はないんか もはやバンドはTシャツ屋さん>っていうグッズ主義を歌っているという。まずはこの真意から聞かせてもらいましょうか。

「これは1年前に出した“ヤバみ”のアンサーソングとして書いてるんですけど。とはいえタイアップ曲なんで、ちゃんとモード学園に寄り添って作ったつもりではあって。歌詞もその部分以外は『なりたいようになる』とか、ちゃんと夢を持ってる人に対するメッセージを入れつつ、僕らは自分達のことを歌うのが得意なんで、ヤバイTシャツ屋さんのことも入れ込みつつっていう感じで……だからタイアップに寄り添ってはいるんですけど、でも寄り添い過ぎない、いい感じにできたと思いますね。そもそも“ヤバみ”は、ファーストアルバムを出した時に『なんて意味のないことを歌うバンドなんや!』って言われ過ぎて、ちょっと意味持たせたろ!って思って書いたんですよ。だから“ヤバみ”って結構メッセージ性を込めたというか、僕らの中ではシリアスな曲やと思うんですよね。やけど、“ヤバみ”に対しても『また意味ないこと歌ってるやん』って言われたんで、僕的には『えー!? 伝わってないんや!?』って思ってちょっとショックで。そのショックを1年くらい抱えてたんで、それを自虐的に歌詞にしたっていう」

■ファーストアルバムを出した直後のシングルで抱いた怨念を、セカンドアルバムが出た後のシングルで晴らすっていうのはどういう執念なの?

「ヤバTにとっての試練というか、仕方のないこと――面白いように見せてるし、面白いことしたいって思ってるから、伝わらへんのは仕方ないことやなって思いつつも、そこに対してはちゃんと物申していかへんとなって思っていて。何かと闘っていたいバンドなんで。垂れ流されてるような音楽に対しての皮肉やアンチテーゼというか、自分達のことを歌いながらも自虐的にやってみたいなっていうのがあったんですかね」

■“鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック”という、非常にキャッチーな言葉をひたすら並べ続けることによってまったくキャッチーじゃないタイトルになるという(笑)、新しい論法が成り立ってる曲なんですけど。現実的に曲自体もキャッチー、特にサビはメロディ重視で。というか今回は3曲ともメロディ重視の曲ですけど、その辺りはソングライターとしての自分の挑戦や何らかの狙いがあったんですか。

「1曲目に関してはもうCMになるのが決まってたんで、抜け感があるのがいいなって思ってて。耳に残るキャッチーな感じしか歌詞が出てこないって思って、そのままサビに置きました。要はキャッチーな感じにせなあかんって思ってたらこうなったんですけど、抜け感を出すためにキーをE(コード)に設定して解放感のある音が出るようにしてたりとか。……最近、僕はEにハマってるんですよ」

(続きは本誌をチェック!)

text by鹿野 淳

『MUSICA6月号 Vol.134』

Posted on 2018.05.26 by MUSICA編集部

5周年・5リリース・5イベントを掲げるKANA-BOON、
その第2弾リリースとなるミニアルバム『アスター』。
初期を彷彿とさせる世界と、切り開きつつある新たな世界。
谷口鮪、今の赤裸々な心情を語る

今は自分達の音楽が中心にある。今までは自分達の音楽と
活動がちょっと足並み揃ってない感じがしてたんですけど。
この1年は自分達の音楽に道を開いてもらいながら活動してきた感覚がある

『MUSICA6月号 Vol.134』より引用

 

(前略)

■今回は3月のB-SIDEコレクション『KBB vol.1』に続く5周年の第2弾リリースという位置づけで、『アスター』というミニアルバムが出ます。「夏に向かって届けたい新曲」って書かれてたからてっきりアゲアゲ系な内容なのかなと思いきや、基本的には5曲とも失われた恋の話で。アッパーな曲調もあるけど、歌の内容は切ない。

「そうなんです。自分でも夏盤っていうのでもっとガツガツした感じになるんかなって、ほんまにそう思ってましたけど。結果、こういう凄くリアルな形のアルバムになりましたね」

■それは何故だったのかっていうところから聞けますか?

「まず第一に、『NAMiDA』のモードを引き継ごうっていうバンドの指針があったんですよね。『NAMiDA』で自分達がいいなって思ったとこって、やっぱりタイトルトラックの“涙”だったり、別れとか自分のリアルっていうのを真っ直ぐに表現してる曲だったんで、今回もそういう方向で行きたいなっていうのがまずあって。その上で、『アスター』っていうタイトルが自分の中で固まった時に、今の自分の気持ちやったり自分の状態に忠実な曲で固めたいなって思ったんで。だからこんなに切なめに(笑)」

■アスターって花の名前だけど、このタイトルはどういう意味なの?

「花の色によって意味(花言葉)は変わるんですけど、『追憶』とか『忘れられない想い』とか、あとポジティヴなところでは『信じる恋』っていう意味があって。『変化』っていうのもあるんですけど、割と恋の花なんかなっていう印象です、僕は」

■というか、「変化」以外は切ない言葉ばっかり並んだね(笑)。

「『追憶』に関しては今までも散々やってますけど、今回はそこに『信じる恋』っていう、『信じる』っていうことがプラスされたアルバムやなって思ってて。今の自分の状態もそうやし。テーマ的なところで言うと、そこが同じ別れの歌でも今までと違うところですね。今は『信じる恋』っていう花言葉のモードが一番強いっていうか、それが本当に今の本心というか………だからこの5曲の中で一番リアルな今の心境を表してるのは、“彷徨う日々とファンファーレ”なんですけど」

■なるほど。さっき自分でも言っていた通り「追憶」はこれまでも歌ってきたし、失われた恋を歌う、過ぎ去ってしまった君への想いを歌うっていうことは、特に初期におけるメインテーマのひとつだったわけですけど。たとえば“涙”の時もそうだけど、そこをテーマとして掲げるのは、自分のリアルな心情以外にも、ソングライター、表現者としての原点に向かい合うみたいな意識もあったんですか。

「うーん……今回は、特に向き合ったっていう感じでもないですね。そこは割と前作の『NAMiDA』で向かい合ったので。だから今回はそういう意識はあんまりなくて。ただ、単純に、魅力をもっと伸ばしたいなっていうのは考えてました。自分の今の心境もありつつ、別れっていうテーマをさらに一歩進みたいっていうか、今までとは少し違う形でやってみたいっていう気持ちがあったというか………全体的に少しポジティヴな気持ちになれるものをっていう意識は、詞を書いてる中でありました。だから、初期のエネルギー感とはまた違うベクトルですけど、でも、それぐらい自分の中で注いだ感じはありますね」

(続きは本誌をチェック!)

text by有泉智子

『MUSICA6月号 Vol.134』

Posted on 2018.05.25 by MUSICA編集部

パンチの効いたエキサイティングな新星として
シーンに登場した2017年を経て、
バズ以上の確かなムーヴを巻き起こし始めたCHAI。
さらなる快進撃を確信させる『わがまマニア』を投下!

アメリカに行ってさらに強く思ったのは、
本っ当にちゃんといい曲を作りたいってこと。
どんな場所でもどんなものが流行ってても、
いい音楽は絶対にいいから。たとえ環境が悪かったとしても、
いい音楽だったら勝負できる

『MUSICA6月号 Vol.134』より引用

 

(前略)

■バンドとしては去年に続く2度目のUSツアーだったわけで。前回は初めてであるが故の興奮やカルチャーショックもあったと思うんだけど、今回はどういう感じだったの?

マナ「今回は、ちゃんとアメリカの地に足が着いたって感じ。SXSWも前回は日本のステージに出たから、日本人として見られるみたいな感じだったんだけど(SXSW内の「Japan Nite」に出演。今年はこの2月にUSのインディーズ・レーベル「BURGER Records」から『PINK』をリリースしたのに伴っての出演)、今回は日本人どうこうっていうのは関係なく、ひとつのミュージシャンとしてCHAIを観てもらえたのも大きかったし。ちゃんと一歩目が踏めたかなって感じだった」

カナ「アメリカで初めてリリースができたのも嬉しかったけど、そのレーベルの周りのアーティストも含め、関係者の人達もファンの人達もCHAIのことを凄く好きになってくれたんだなってことが凄く感じられて。もうね、本当に愛をいっぱい感じたんだよね」

マナ「すっごい感じた!」

ユナ「愛が凄かったよね!」

カナ「で、たくさんの愛を感じて帰りたくなくなって(笑)。マナも言ってたけど、やっとアメリカで活動する一歩が踏み出せたのかなっていうのは凄く感じたな。何より向こうのみんなが『CHAI、凄くいいよ!』ってみんなが言ってくれたから、自信になった」

マナ「やっぱり、ちゃんとアメリカでリリースした上でツアーを回れたっていうのは大きいよね」

■向こうの人達にはどんなことを言われたの?

全員「(声を揃えて)『Fucking awesome!』」

■(笑)「めっちゃくちゃカッコいい、最高!」と。

ユナ「Fuckingついてる!と思って、凄い嬉しくて(笑)」

ユウキ「最初わかんなかったの、それがいいのか悪いのかわかんなくて戸惑ったんだけど、『凄くいいって意味だよ、最上級だよ』って教えてもらって。ほんと、凄く嬉しかったよね」

ユナ「あと、『目をつぶってたら黒人の音楽みたい』って」

マネージャー「『次世代のTalking Headsだ』とも言われてたよね」

■あー、それは凄い褒め言葉だね。

ユウキ「そう! めっちゃ嬉しかった! というか感動したよね?」

マナ&カナ&ユナ「ね!!!」

■でも、今のアメリカって、ラッパーはどんどん新世代が出てスターになってるけど、バンドでイキがいい人達っていない状況じゃない? そういう部分は向こうで何か感じることはなかったの?

マナ「それはある。ラジオとかで流れてくる音楽が本当にバンドサウンド少ないから、やっぱりバンドはあんまり生き生きしてないんだなってわかる。でもそういうのもCHAIが覆したいし、だからFucking awesome!って言ってくれる人がたくさんいて嬉しかったし。アメリカに行ってさらに強く思ったのは、本っ当にちゃんといい曲を作りたいってことで」

(続きは本誌をチェック!)

text by有泉智子

『MUSICA6月号 Vol.134』