Posted on 2017.03.18 by MUSICA編集部

Dragon Ash、デビュー20周年に突入!
シングル『Beside You』から、Kjの胸中を覗く

このタームの最初の時期は、
音楽人生で一番ってくらいTDとか音とかやり直した。
こうじゃねえ、こうじゃねえって何回もやり直してきた中で、
やっと“Beside You”でカチンってハマった音が聞こえた。
その感動は大きかった

『MUSICA 4月号 Vol.120』P.98より掲載

 

■デビュー20周年であると同時に、去年の春、実に3年ぶりに行われたツアーからDragon Ashは新しいタームをスタートさせているわけですけど。当時は、しばらくDragon Ashはバッキバキにモッシュできるラウドな楽曲しかやらない!と宣言してましたけど、『光りの街』に続き、今回の『Beside You』も心に寄り添うような曲で。この曲を20周年のアニバーサリーシングルとして選んだのは何故なんでしょう?

「まず、みんな反対してるわけじゃないんだけど、ラウド一辺倒で行くっていうのを望んでるのは単純に俺だけだったっていうのが大きくて」

■はははははははははははははは。

「そうなんだよね、実は(笑)。でも、作品を出す順番とかどんな曲をシングルにするかをみんなで考えていくのは、いいことだと思ってるから。そのほうが責任をみんなで負えるじゃん。全部俺が作って全部俺が決めてたら、バックバンドかよってなるわけで。それぞれ役割があって、それぞれを信頼してやっていくのが俺らのいいところだし、俺もそういう意見があったほうが曲作りやすかったりもするから。『光りの街』があのタイミングで出たのはそういうことで。でも『Beside You』は、珍しく俺がこれをシングルにしたいって言ったんだよね」

■あ、そうなんだ。それはめちゃくちゃ珍しいですね。

「うん。そもそもは、デビュー日に何か出すかって話になったんだよ」

■まぁバラしちゃうと、年末までは、デビュー日の2月21日に記念シングルをCDで出すという話になってましたよね。

「そうなんだよね。で、“Mix It Up”と“Beside You”を作ってて。録る前は“Mix It Up”にしようと思ってたし、みんなも“Mix It Up”がいいって言ってたんだけど。でも、俺のデモからDragonの演奏に変えていく過程で、“Beside You”は久々に俺が持ってったアイディアと、それを解釈して自分なりの表現をするメンバーがカチンとハマる音が聞こえたんだよね。特にドラムとベースなんだけど。デモは結構エレクトロに寄ったつもりだったんだけど、サク(桜井誠)が叩いて賢輔が弾くとこんなグルーヴィーになっちゃうの!?みたいな驚きがあって。そういう快感が久々にあった。それで、“Mix It Up”にしようって言ってたけど、やっぱり“Beside You”にしたいと思って。でも、これは90%無理だろって感じのタームになってたから――」

■2月21日にシングルCDを出すには、スケジュール的に間に合わないっていう意味の無理ね(笑)。

「そう。じゃあ、“Mix It Up”は記念日に配信して、別日に“Beside You”を出そうよっていうアイディアを珍しく俺から出したんだよね。だから久々に曲のリアクションで出すものを変えた。そういうことを俺が言うのは滅多にないことだし、そもそもこれをシングルにしたいとか言うことも滅多にないから、俺がそう言ったら、メンバーも『お、おう。Kjが言うならそうしたら? っていうか、そんなこと言うんだ!?』みたいな感じだった(笑)」

■Kjは、いつもシングルに関してはスタッフやみんなの意見で決めればいいっていうスタンスですもんね。にもかかわらず、自分から“Beside You”と主張したってことは、それだけ久々にカチンとハマッたこと、つまり制作過程で起こったメンバーとの化学反応に感動したっていうこと?

「そうそうそう。すげぇアガッた。20年やってて何百曲も作ってるけど、未だにカチッとハマるのってムズいのよ。だって基本、すでに普通のバンドよりも全然カチッとハマってるわけだからさ。にもかかわらず、もうひと段階余白があったんだっていうか、こんなガチャーンとハマるんだ!?みたいな感動を久々に味わえて。それは俺にとってもメンバーにとってもめちゃくちゃ喜ばしいことなんだよ。たぶんそれを味わうためにやってるんだけど、ここまでやってきた上でそれを起こすのはめっちゃ難しいから」

■だから今の話って、別にいつもはカチッとハマッてないという意味ではなく、いつも以上、自分の想定以上の化学反応が起こった、と。

「うん、まさに。まだこの先があったんだっていう喜びがあった」

(続きは本誌をチェック!

text by有泉智子

『MUSICA4月号 Vol.120』

Posted on 2017.03.18 by MUSICA編集部

東京スカパラダイスオーケストラ、
20枚目の新作『Paradise Has NO BORDER』発表!
鮮烈な衝動を打ち鳴らす本作を9人で語る

黄金期は迎えたいですよ。それは毎日考えてる。
もちろん若い子達の反骨精神から
新しいポップスが生まれてくるものだし、それは当たり前のことなんだけど、
僕らの中にある「変わりたい」という気持ちは、
若い子達と同じだと思う(加藤)

『MUSICA 4月号 Vol.120』P.82より掲載

 

■もの凄い歴史ともの凄い男気を感じるアルバムで、本当に素晴らしい楽曲を刻み続けたこの2年間が凝縮されていると思いました。まずは恒例の9人インタヴューの儀式として、このアルバムへの想いをおひとりずつ語っていただければと思います。

GAMO(Tenor sax)「いつもなら『アルバム作るぞ!』っていうことでシングルを刻みながらリリースしていって、最後にアルバムドカン!みたいな感じだったんですけど、2年前の武道館(「Live at Budokan ~The Last~」)以降、もっと自由にやりたいようにやろうってことになって。結果的にここまでの歩みがこのアルバムに詰まってるなっていう感じがしますね。今までとちょっと違う感じというか、やりたい人とやりたいことをやりつつ、でき上がったアルバムと言いますか」

沖祐市(Key)「僕も2010年以降ぐらいのスカパラをようやくここで作ることができたのかなと思ってます。『The Last』の武道館ライヴとアルバムの後って全然先が見えてなくて、何があるのか全然わからなかったんです。でも、年下のバンドとかアーティストと交流してる中で、自分達のことも見据えることができたし、そこを今回のアルバムでブレイクスルーできたのかなって気がしてて。……90年代からずっとスカパラをやってる中で、やっぱり時代の雰囲気とか音楽業界も凄く変わってきたと思うんですよ。インターネットも出てきたし、世界情勢で言うとテロとか、日本で言うと大地震があったり、原発事故があったりしたところで、2011年とかは言葉にするところでも、言葉にならないところでもみんな共感するところがあると思うんですよね。そういう意味でも、スカパラがみんなの前で演奏をしてる時に感じてることを谷中が言葉にしてくれたりして、一つひとつ育んできたことが今、また見えてきたなっていう感じなんです」

川上つよし(B)「やっぱり20年以上やってくると、どうしても『新曲をやって、そこにまた流し込んで終わり』っていうフォーマットになっちゃいがちなんですけど、今回はそれを否定して、あえて壊していって、今までのフォーマットじゃないもので、一番妥協しないで作ったアルバムだなと思っていて。20枚目だと、そんな簡単に新しいものが出てこないはずなんですけど、新しいチャレンジがいっぱいできたアルバムだなと思ってます」

大森はじめ(Percussion)「僕は、愛がいっぱい詰まったアルバムになったなと思っていて。9人以外の人達の愛を凄く感じたんですよ。みんなコラボレートを快く引き受けてくれましたし、そこで男気を見たりして。コラボしてくれたミュージシャンのみならず、エンジニアさんとかスタッフの愛も凄く入ってるんで。そういう意味でも、愛溢れるアルバムになったんじゃないかと思いますね」

■それは、「東京音楽シーン1のジゴロ」と呼ばれている大森さんでも――。

全員「あはははははははははははははは!」

大森「そんなこと言われてましたっけ!?(笑)」

■はい。そういう大森さん達が、何故愛を溢れさせることができたんでしょう?

大森「なんでしょうね? でも、スカパラの魅力って凄いなって思うんですよ。1週間ぐらい前に掃除してたら、たまたま片平里菜ちゃんの手紙が出てきたんです。それはちょうどシングルを発売する前にもらった手紙なんですけど。あ、僕だけじゃないですよ? みんなもらってたんですけど」

川上「あれ? もらってたっけ?(笑)」

大森「いやいやいや、もらったって!(笑)」

加藤隆志(G)「GAMOさん(作曲者)だけかと思ってた(笑)」

GAMO「はははははははは」

大森「その手紙に凄く愛のある言葉が書いてあって、凄く嬉しかったんですよ。そういうのを見て、みんなの愛を感じるなと。東京1のジゴロだとはあくまでも思わないですけど(笑)」

茂木欣一(Dr)「僕は、やっと9人体制になってから、本当の最高傑作ができた!って感じかな。それこそ2、3年前に『FOREVER』(『SKA ME FOREVER』)とか『LAST』(『The Last』)とか言ってたけど――さっき川上さんがフォーマットって言ってたけど、たぶん今回はそれまでのフォーマットと決別したかったんだよね。今まではフォーマット化されていたことで、どこか煮え切らない部分があったから」

■それはいつぐらいから?

茂木「9人体制になってからかな。今までもアルバム出す度に『最高傑作』とか言ってきたけど、もっと行けるでしょ!?って、ずっと心の中で思ってたっていうか。今回はそれこそ『NO BORDER』っていう感じで、やっとその壁を壊せたし、その気分を音で示せたなって――」

(続きは本誌をチェック!

text by鹿野 淳

『MUSICA4月号 Vol.120』

Posted on 2017.03.18 by MUSICA編集部

BOOM BOOM SATELLITES、
オールタイムベスト『19972016』を発表。
中野雅之との対話から、彼らの旅路の足跡を辿る

本当に長い時間を同じ場所で一緒に過ごしたし、
話し合ったことの中には生き方から何からすべてのことがあった。
毎日の生活のすべての営みが、
自分が音を作ったり川島くんが歌ったりすることに
帰結していく日々を繰り返してきた

『MUSICA 4月号 Vol.120』P.90より掲載

 

■この『19972016』は、ベストアルバムというよりも、オリジナルアルバムと呼ぶべき作品であり、中野さんがBOOM BOOM SATELLITESというものを作品として4枚の形で提示したものになったなと思うんですけど。

「僕もいわゆるベスト盤とは感触が違うものだと思っていて。細かいことを置いておけば、曲を並べただけとも言えるわけですよ。でも、不思議なことに、曲を並べていった時に既に作品としてのフィーリングを感じられるものになっていて。ベスト盤って基本的にはリードシングルや代表曲を並べたものだから、スタンスとしては1曲ごとに対しての思いがあって聴くっていう感覚になるものだと思うんですが、僕らの場合は不思議とストーリーを感じてしまう作品になるんだなって思いました。もちろん、作品性のあるものにしよう、作品として聴かせるものにしようという意図はあったんだけどね。ただ、意図してストーリー性や作品性を注ぎ込まなくても、自然とそう仕上がるんです、並べてみると。もちろん馴染みがいいように音は調整していくんですけど、曲が勝手に導いてくれることのほうが大きかったんじゃないかなっていう感じがあって。それがこのバンドの特色なんじゃないかな。何かを終えて次のステップに向かうっていうのが、どの曲にも何かしら感じられる楽曲を作ってきているから、そういう作品性なりストーリー性なりっていうものを必然的に帯びてくる曲達だったんじゃないかなと自分では分析していて。あと自分でもびっくりしたのは、初期の曲も不思議なくらい古くないんですよ」

■そうなんですよね。このアルバムの曲達は2017年に全部作りましたって言われてもすんなり頷ける、古びれなさがありますよね。

「そう、自分でもそれにちょっと驚いていて。いろんな理由があると思うんだけど、主にふたつあるんじゃないかと自分では感じていて。ひとつは、ビートミュージックはトレンドでできてるので、そのトレンドの扱い方によって、あとそのトレンドを利用した以外の音楽の本質的なところの扱い方によって、古くなったり古くならなかったりする、そこが僕らはしっかりできてたんだなってこと。もうひとつは、精神論みたいになっちゃうけど、その楽曲やひとつひとつの音に対してどんな姿勢をもって接していたかでだいぶ変わってきそうな気もするなって。これはちょっと観念的な話ですけどね。ただ、そうとしか説明できないんじゃないかなっていうのは自分の作品を振り返って感じたことです。それはやっぱり誇らしいことだし、ちょっと自分達のことが不思議な感じがします」

■それはどういう意味で不思議なんですか?

「自分が作ってる時は目の前にあることに全力で取り組んでいるだけで、そこまで作為的ではないわけですよ。でも今聴いてみると、こんなにいろいろ考えてたのかとか、どんなエネルギーの量を注ぎ込んだらこれができるんだろうっていう不思議さがあって。その間、川島くんとの関係性も変わっていくし。ただの大学の同級生の友達から……ほんとにただの大学生の友達だったんですよ、学校の帰り道にふたりでパチンコ屋に寄ったり、レコード屋行って一緒にレコード買ったり」

■同じジャズ・バーでバイトをしたり。

「そうですね、とても近所で過ごしながら川島くんの部屋で音楽を作ってて。それから音楽が仕事になって……僕自身は、お金を1円でももらい始めたらそれは仕事で、誰かに対しての責任が発生していて、だから遊びとしてやってた今までとこれからは責任が全然違うんだっていう頭の切り替わりが早かったんだけど、川島くんはその切り替わりが不思議なくらいゆっくりだったんですよ。だから川島くんの場合は、デビューした後から年々少しずつ少しずつ聴いてくれる人がいることの重みが増していったんですけど、その変化が楽曲に表れていて。重みが増していくに従って言葉遣いも変化してくるし、自分とリスナーとの関係性も、どこまでも問いただしていくような感じになっていって。で、川島くんが人生の中で人間的に成長していくのと連動して、バンドの音楽も豊かになっていく。そういう道筋を辿っていたんだなってわかりますよね」

(続きは本誌をチェック!

text by有泉智子

『MUSICA4月号 Vol.120』