Posted on 2018.04.20 by MUSICA編集部

まさしく剥き出しのロック・ドキュメントだった
My Hair is Bad、初の日本武道館公演2デイズ!
ホールツアーからの武道館で掴んだ確かなる進化と確信を
椎木知仁のアフターインタヴューと共に送る!

もっともっと自分の好きにやっていんだ、好きの中でクオリティを
上げていけばいいんだっていうことに、改めて気づきましたね。
ちょっと凝り固まってたのかなと思ったし、
それが吹っ切れたのが武道館の2日目だった

『MUSICA5月号 Vol.133』より引用

 

 3月30日&31日、満開に咲き誇っていた桜がハラハラと散りゆく無常の景色の中で開催された、My Hair is Badにとって初の日本武道館ライヴ、しかも2デイズ。

本当に予測のつかないバンドだなと思った。

本当に嘘のないロックバンドだなと思った。

本当に今この瞬間のリアルと生命そのものを鮮烈に刻むロックバンドだなと思った。

 だからこそ、本当にマイヘアはマイヘアのままこの先もっと大きくなるしもっとどデカいホームランを打ちっ放す、彼らにしか描けない景色を描き続けるロックバンドになるのだなと思った。

 

(中略)

■武道館2デイズが終了してまだ40時間くらいなんですが。私にとってはマイヘアって、ロックバンドって面白いな、凄いなと感動させられた2日間だったんですけど、椎木くんはどうでした?

「僕も面白かったですね。どんだけやっても自分達の生モノ感っていうのは抜けないものだなって思いました。そんなにプレッシャーかかってないつもりでいたんですけど、いざ立ってみたら……って感じでしたね」

■初日はやっぱり緊張してたの?

「緊張だったんですかね? なんか、わけわかんなくなってました。1日目の頭の3曲とかはギターのフレットもわかんなくなってましたから。視野が強烈に狭くなってましたね(笑)」

■正直、最初は空回ってる感があったけど、途中から取り戻していったなっていう印象があって。自分ではどうだったんですか。

「1日目に関しては武道館に立って音を出すことで精一杯だったっていう印象ですね。途中から取り戻したっていうよりは、ずっとステージの上から落ちないようにしてたっていう感覚です。あんまり記憶がない」

■やっぱり武道館ってそんなにも違うの?

「なんなんですかね? 前日までも特に緊張してなかったんですけどね。ちょっと寝られなかったりはしたものの」

■23時にベッドに入ったのに、明け方4時まで寝られなかったってMCで言ってましたよね。

「はい。でも想像の中では全然できたんですよね。練習もしたし、全然できるなと思ってたんですけど。やっぱ立ったら震えたっすね」

■それはあの環境に? それとも自分達がここに立ってるぞってことに?

「自分達がここに立ってるぞ、なんですけど、現実感があんまりないっていうか。『うわーっ、これ始まってんのかー!』みたいな感じでしたね。ライヴ中もずっと言ってましたけど、1日目は夢の中にいる感覚でした」

■その上で、2日目はかなり豪快にホームランを打てたライヴでしたよね。

「2日目は夢の中にいっぱなしにはしたくなかったので。30日は30日でいいライヴをしたと思ってるんですけど、もっと底力を見せたかったし。……初日のお客さんが入ってる武道館から、もう1回お客さんが抜けてやらせてもらった2日目のリハーサルで、武道館が凄く違う場所に見えたんですよ。『昨日よりちょっとサイズ小さくなってませんか?』っていうぐらいの感覚になれて。それでリハーサルも声が出て歌えて、イケると思って。メンバーも1日目よりずっとリラックスしてて。で、2日目は気づいたらどんどん自分の中にいた感じでしたね。すっごく楽しかったです。1日目も楽しかったけど、2日目はなんか泥酔してる感じでした」

■自分に?

「自分というか、曲にというか」

■1日目も演奏が崩れたとか、そういうことは全然なかったんだけどね。ただ、内側から迸るエネルギーが2日目は全然違ったんです。

「僕もワーッてやって一瞬で終わっちゃって記憶ないやと思って、いいライヴできなかったのかなと思いながら翌日、1日目の映像を観たら『あ、意外とちゃんとやってんな』みたいな。硬さはあっても、やっぱりツアーでやってきたことをちゃんとやれてるなって思えたんで。それも結構自信になって2日目ができたのかもしれないです。1日目があったからこその2日目でしたね。1日目に来てくれた人も涙流してくれたり本当に喜んでくれたりして、それと同時にウチのチームのみんなはちゃんと叱ってくれたり。それで1日目にやってたことを2日目にやらないでみたところもあったし。そういう意味でも、初めて大人数で回ってきたツアーの力を武道館の2日間で出せたかなっていう感覚はありました」

(続きは本誌をチェック!)

text by 有泉智子

『MUSICA5月号 Vol.133』

Posted on 2018.04.20 by MUSICA編集部

THE ORAL CIGARETTES、個別インタビュー連載
第2回:ベーシスト・あきらかにあきら。
「毎日笑っていたい、遊んでいたい」という理想を掲げて
今まさに成長していくあきらの核心に迫る!

根っからポジティヴじゃないと思うんですよ、結構悩むし病むし。
割と元からポジティヴ度は高いと思いますけど、でもやっぱり
自分のテーマが「毎日笑っていたい」ってことなので。だからやと思いますね

『MUSICA5月号 Vol.133』より引用

 

(中略)

■そもそもなんでバンドをやり始めたの?

「そもそも僕は結構周りに流されやすいタイプで。高校に上がるタイミングで、中学から一緒にいた奴らと一緒に受験して上がっていったんですけど、そいつらが音楽好きだったんですよ。で、高校入ってそいつらが全員軽音楽部に入るってなって。なので、完全に周りの影響ですね」

■中学くらいまでは自分にとって音楽ってどういうものだったんですか。

「中学の時は、聴く音楽が周りの人とは全然違ったんですよね。当時TSUTAYAの端っこのほうにあった青春パンクのCDを凄い聴き漁ってて。今思うとあの時から音楽への道は始まっていたのかなと思います。テレビで流れていた音楽よりも自分の心が動く音楽があることを知ってたし、当時は別にそれを自分が鳴らそうとかってことではなかったけど、それを聴くのが好きだったし、それをディグるのが好きだったから」

■その時期の自分にとっての武器みたいなものはなんだったの?

「うーん……僕、すんごい集中力があって」

■妙な自信ですが、なんでそう思えてたの?

「塾で凄い成績がよかったんですよ(笑)。人が5時間かかるのを僕は1時間で覚えられたんです。ただ、1時間しかスタミナがなかった(笑)。集中力はあるけど凄い短期的で。すぐ眠くなるし。でもスイッチ入れた時の効率のよさは誰にも負けない自信があって。教えられたらなんでも器用にこなせるところは昔から強みやなと思ってました」

■自分は頭がいいんだって気づいたのは、いつぐらいだったんですか。

「僕はずっと、2歳上の姉ちゃんがライバルやったんですよ。姉ちゃんも頭よかったんですけど、僕のほうが賢くなりたいと思って勉強に取り組んでました。だから勉強のモチヴェーションも姉ちゃんの存在やったし」

■姉ちゃんを超えたかったのはどうして? 姉ちゃんが素敵だったの?

「姉ちゃんが素敵だったんです(笑)。昔から自慢の姉ちゃんやったし、友達にも『あきらのお姉ちゃんいいよね』ってめっちゃ言われてたのが自分の誇りでした。だから姉ちゃんを超えることがあればそれは凄いことなんだっていうのは、自分の哲学の1ページ目みたいな感覚がありましたね」

■そのための努力は割としてきたっていう感じなの?

「してきましたし、頑張ることに興味がありましたから」

■それは一番になりたかったの?

「うーん……一番にはなりたいですね。誰かの一番になれたり、何かで一番になるっていうのは、昔からこだわっています。もちろん今も」

■そう思うようになったのは、何がきっかけだったと思います?

「……そこはやっぱり、家で一番になれてなかったからやと思います。おとんもおかんも凄いんですけど、もう姉ちゃんがめちゃくちゃ凄かったんで、絶対に姉ちゃんには勝てへんなってなってたんで。そういう悔しい想いをずっと持ってるんですよ、きっと今でも」

■そういうあきらの素養は、音楽にどういう影響を及ぼしたんですか。

「うーん…………僕は誰かと何かをするのが好きなんですけど、でも、自分自身はまだ生み出せない人間だなって思ってます」

■それは前から?

「前からやし、今もそう思ってますね」

■そう思うに至ったきっかけは何かあったんですか。

「拓也に出会ったことですね。拓也と出会って、拓也のモノ作りと彼の創造力と出会ったことで、自分は完全に裏方というか、拓也のこぼしたものを全部拾い上げて綺麗な道だったよってする役やなって思ったというか」

(続きは本誌をチェック!)

text by 鹿野 淳

『MUSICA5月号 Vol.133』

Posted on 2018.04.18 by MUSICA編集部

PATHFINDERの本当のフィナーレとなった
BUMP OF CHICKENマリンメッセ福岡公演に完全密着!
万感の想いで駆け抜けた半年間、そしてこれからを
丸ごと語った4人全員2時間半インタヴュー!

BFLYツアーが終わって、他の3人をもっと近くに感じたいっていう
気持ちがあったんだと思う。この3人と音を鳴らすことで
もっと深い絆が生まれればいいって思って。
絆を持つことは当たり前じゃないし、
想ってもらえることも当たり前じゃないから(直井)

『MUSICA5月号 Vol.133』より引用

 

■先週末に遂にフィナーレを迎えました、お疲れさまでした。

全員「ありがとうございます!」

増川弘明(G)「ここまで頑張ろう頑張ろうってずっとみんなでやってきたんですけど、いざ終わっちゃうと逆に寂しいみたいな、ちょっとムカつく感じになってて(笑)。気が抜けたつもりはないんですけど、ちょっと体調悪くなったり、そういう反応が出始めてて。まだ尾を引いてる感じもあるし、全然高まってるんですけど。とりあえず直近の福岡のライヴは凄く楽しくできたな、最高な瞬間をまた過ごせてよかったなっていう気持ちはあります」

■終わってみると「ああ終わっちゃったな」っていう寂しさがあるっていう話ですけど、逆に今回は長かっただけに、途中で「まだフィニッシュは先だな」みたいな気持ちもあったんじゃない?

増川「とにかく今回は1本目からそうなんですけど、凄く入念に練習をして。ツアー始まってからも1本1本ライヴが終わった後に必ず細かい振り返りをしてたんですね、毎回毎回。それは1本も欠かさずやっていて」

直井由文(B)「反省会的なやつをね」

増川「反省会を要は29回やってるんです(笑)。そういうふうに凄くONなシーズンだったんで、もちろん凄く充実してて楽しかったんですけど、でもどっかが痛くなったりなかなか気持ちが休まらなかったりっていうのがずっと続いていく張り詰めた期間でもあって。もちろんところどころ抜く瞬間は自分で頑張って設けますけど、『ここまでは』、『ここまでは』ってどっかで思ってたんで、そういうことを思いながらツアーしてました」

直井「無事にやり終えることができて本当によかったなっていう感想しか今はなくて。前半は主に僕と藤原くんの体調が全然よくなくて、ちょっと風邪みたいな状態がずっと続いてたりしてたんです。その中で周りのスタッフとかメンバーとかリスナーのみなさんに助けられながらやって、中盤から体調もよくなって、全然問題なくやってたんですけど。前半が体調悪かった分、ほんとにこれ最後までやり切れるのかな?っていう恐怖感があったんですけど、でも絶対にやり切りたいって気持ちもあったし、それでも1本1本全力でやっちゃう――次の日のこと考えないでやっちゃうから、倒れて病院行く日もあったし。そういう意味でも全部やり切れてよかったなって、今はすげぇ思ってます」

■今になって思うと、前半戦で体調が悪かったのはツアーに対して自分が構えてた部分もあったの?

直井「いや、単純にリハもすげぇ多かったし、疲れとか、あと季節の変わり目は絶対に風邪ひくんで、ちょうどツアーが始まる時期は毎回風邪ひくポイントで(苦笑)。そうならないようにめちゃくちゃケアしてたんですけど、上手くいかなかったんですね」

■フジは?

藤原基央(Vo&G)「この前の福岡で全パートが無事に終わって。だから僕も『無事に終わり』って言おうと思ったんですけど、無事ではなかったなと思って(笑)」

■それは福岡公演を延期することになったインフルエンザのことだよね?

藤原「そうですね。直井くんが言ったように僕もツアー冒頭は体調が優れなくて。病院に行ってひとりだけ遅れて現地に行くみたいなことも何度かあったんですけど、その割にライヴになっちゃうと全然絶好調で、ライヴの時だけハイパー元気になってたんですよね。栄養ドリンク的な話じゃなくて、ライヴに向かって体の全部の細胞がアイドリングされて仕上がっていくみたいな、そういう実感が結構あって。1公演1公演凄く大切に、その日のベストでやってくることができたなと思ってました。ほんとに1公演1公演、目の前のお客さんと凄く有意義な時間を過ごすことができて、それを凄く大切だと思うことができるような時間で。そういうライヴがどんどん繋がっていって。そしたら年が明けてインフルエンザになっちゃって。ほんとは2月11日で終わるはずだったツアーですけど、2月11日っていうのをスタッフがどういうつもりで取ったのかわかんないですけど、奇しくも我々の結成記念日ということで……美しいは美しいじゃないですか、タイミング的にそういう締め方っていうのは。だからね、ツアー終わります、そして活動23年目に突入しますってなるはずだったんだけど、俺のせいでその1ヵ月後に振替公演が入ってくるっていう(笑)。その1ヵ月は、お客さんにも、メンバーおよびスタッフにも、たくさんの人に迷惑かけたなっていう気持ちが凄くあったんで、生きた心地がしないとはこのことだなと思いながら過ごしてました。その代わり待ってくれてたお客さんには、そういう想いで僕もライヴに臨んで、全力でいいもの見せたいなと思って取り組んで。そういうライヴが終わったんで、ようやく自分の中でケリがついたな、みたいな。そういう気持ちが今はデカいです」

(続きは本誌をチェック!)

text by鹿野 淳

『MUSICA5月号 Vol.133』