Posted on 2018.08.15 by MUSICA編集部

どこまでも痛快に豪胆に突き抜けまくった
NICO Touches the Wallsの、光村龍哉の現在地にして、
かつてなく強く確信に満ち溢れた『TWISTER -EP-』。
断言します、今のNICOは史上最高最強です!

 

俺の中では不安と強気な部分が、他人には理解できないスピードで
目まぐるしく展開されてるんだなっていうことに気づいただけなの。
ただ、今は音楽的に、そのもの凄い複雑な自分に勝てるなっていう勝算がある

『MUSICA8月号 Vol.136』より引用

 

 

(前略)

■ちょっと話は変わりますけど、ここ1~2年くらいでのライヴにおけるみっちゃんの生き生き感は何なの?

「生き生き感……そんなに生き生きしてるように見えます?」

■見える。特に去年の夏くらいから、いい意味でドヤってるように見えるっていうか。肝が座った開き直り方ができてる気がする。

「そうなのかぁ。でもライヴにおいては、この2年ツアーも一緒にやってる浅野(尚志)くんも含めて5人でやってるんで。そこがひとつ武器になってるなって感じもあったし、もう1個音が入ったことで、俺がちゃんとヴォーカリストになれるための隙間が生まれたっていうのはあると思う。(略)でも、ドヤ感みたいなのは今年からじゃないかなって、俺は自分なりに分析してるけど。去年まではむしろ、自分の中の自分はあまりカッコよくなかった。すげぇいろんなことを気にしてたし、自分のスタイルをいろんな視点から模索してた。こう歌ったほうが自分の声がもっと太く聴こえるんじゃないかとか、こうやったらもっと長く歌えるんじゃないかとか、凄く細かいことをいろいろ考えてて。(略)でも、今年に入ってからそれがカッコ悪いなって思って。これじゃダメだ、と。策士策に溺れるじゃないけど、そういう感じになっちゃってんなと思って、いろいろやめようってなれたのは今年のライヴから。だから去年はまだ過渡期だった」

(略)

■じゃあ今年に入ってから割と心機一転っていう感じなの?

「心機一転というよりは、久しぶりに明確に自分に対してこれじゃダメだって思った感じ。どっちかって言うと『こんなはずじゃない!』っていう感じのほうが強かった。なんであんなに疲れてたのかとか、わかんないんですよ。たぶんいろいろ考え過ぎてたんだろうなって思ったから、ありのまま、反射的にやったほうがいいんだろうなっていう気持ちだったのかな」

■みっちゃんは割と常に考えてしまう傾向はあると思うんですよ。時期によって開き直るタイミングもあるけど、でもやっぱりいろいろ思い悩む中で紆余曲折することも過去にあったと思うし。その中で、ここまで「自分の反射神経を信じてありのままで」って行き切れてるのは、実は今回が初めてな気がするんですけど。そうなれたのはなんでなんでしょうね?

「…………なんだろうな」

■端的に言うと、強気なみっちゃんと、いろんなことを考えてしまうみっちゃんって常に同居してると思うんだけど、ここまで強気なみっちゃんが全面的に出てくる瞬間は少なかった気がするんですよ。

「まぁでもそんなにね、言うほど強気でもないですよ。今回でき上がった歌詞とか読んでても……できるだけありのままの自分に近いものを書いていこうってテーマでやってたから割とそのまま書いてるんだけど、それを見ても、俺の中では不安と強気な部分が、他人には理解できないスピードで目まぐるしく展開されてるんだなっていうことに気づいただけなの」

■確かに(笑)。

「だから俺も書き終わった後に『ああ、なるほどな』って……音楽的なものより、自分の中の文学的な部分で理解をして。で、そういうものが書けた後だと、やっぱりその自分と闘わなきゃいけないわけですよ。ただ、今は音楽的に、そのもの凄い複雑な自分に勝てるなっていう勝算があるんだと思う。音楽的に自信があるから、気持ちの部分で俺は俺に勝ってるんだよね」

(続きは本誌をチェック!)

text by有泉智子
『MUSICA8月号 Vol.136』

Posted on 2018.08.15 by MUSICA編集部

振り切った新しいロック桃源郷で弾け飛んでない!?
カップリングのメッセージ、さらに胸の奥に刺さらない?
KEYTALK、新しいのに「らしい」最強ソングにて、
4人の真夏のサドンデスマッチがキックオフ!

 

これまでも切なくて明るい曲はありましたけど、“Cheers!”は配分として
明るさに振り切れてる。そういうリード曲は今回が初めてだと思うんですよ。
その新しさが、もしかしたら今後の新機軸になるんじゃないかなって(小野)

『MUSICA8月号 Vol.136』より引用

 

(前略)

■“Cheers!”はもう、すべてが全開の曲ですけど、この曲はどういうふうに出てきたの?

首藤「この曲を作るにあたっては、ほんとに松岡修造さんの存在が大きくて。松岡修造さんから『一緒にやるにあたって顔合わせをしたい』と言っていただいて。そこでこのプロジェクトに懸ける想いを教えていただいて、そしたら、修造さんの言葉から『こういう曲がいいんじゃないか』っていうのが不思議と脳内に溢れてきて」

■Aメロからサビにかけてビート感が大きく変わっていくことも含めてリズム展開が多いし、ブリッジにはストリングスも入っている。歌詞にしても、「C.C.レモン」のタイアップに対してサービス精神が凄いよね。<ドキドキな炭酸>、<シュワッと刺激的な毎日>、<はじけ飛ぶイエロー>とか。その全部を3分23秒の中に詰め込んでいる曲で、ここまで詰め込んだアンセムも久々だと思ったんですけど。

首藤「確かに、言われてみればそういう感じですね。でも自分としてはそんなに詰め込んだ感覚はなくて。自然と出てきたものを散りばめただけっていうイメージですかね。特に頭を抱えることもなく」

八木「でも、全開な曲だって言われたのはシックリくる気がします。僕らとしても、ここまで開けた曲は意外と珍しい気がしていて。その上で、特にサビで義勝節というか――明るい曲なのに胸が締めつけられるようなメロディが出てきたりするし。義勝らしさを残したまま開けた曲ですよね」

■まさに。巨匠は“Cheers!”を聴いた時にどう思ったんですか。

寺中「もちろん『C.C.レモン』に繋がるイメージの言葉もそうなんですけど、曲全体として夏感があるのが印象的で。直接夏に結びつくワードはないのに、曲全体を通して感じるイメージは夏っていう」

■確かに、季語がないのに夏のイメージになるのは面白いね。

首藤「自分でも、でき上がってみて夏を感じたんですけど……これはたぶん、広瀬香美さんの“ロマンスの神様”現象ですね」

■ん?

首藤「ああは歌ってるけど、実はゲレンデが関係ない歌っていう(笑)」

■なるほど(笑)。

小野「とにかくかなり開けていて、これがKEYTALKのニュースタイルになっていく曲なのかなっていう気がしました。具体的に言うと、たとえばこれまでも切なくて明るい曲はありましたけど、“Cheers!”は配分として明るさのほうに振り切れていて、そういうタイプのリード曲は今回が初めてなんじゃないかと思うんですよ。その新しさが、もしかしたら今後の新機軸になるんじゃないかな?って。作ってる時にピンときたのは覚えてます」

■今回は『Rainbow』を出した後の処女作だし、新しいタームのキックオフソングでもありますよね。それは『Rainbow』っていう作品がエッジとダークネスも見せていく作品だったからこそ、逆にここまで屈託なく燦々とした曲を出したいっていうストーリーもあるのかなと思ったんです。

首藤「確かにそれはあると思います。もちろん『C.C.レモン』に書き下ろしたからこういう曲ができたとか、いろんなことが重なり合ってのことだとは思いますけど、でも実際、『Rainbow』があったことで、こういう開けた曲が生まれたところもあると思います。まさに今までもそうでしたけど、直近に作ったものとは違うことをしたくなるっていう流れで来ましたし。だから、僕ら自身もここからどう広がるのか楽しみなんですよね」

(続きは本誌をチェック!)

text by鹿野 淳

『MUSICA8月号 Vol.136』

Posted on 2018.07.27 by MUSICA編集部

自由に颯爽と彼女にしか描けない今を映し出していく感覚で
確かにポップシーンの先頭に立ち始めたあいみょん。
本流ど真ん中から湧き出た名曲“マリーゴールド”――
心を揺さぶり、人を動かし、時代をその歌で染めてゆく

 

これが自分の表題曲になればいいのにって思うくらい。
本道っていうか、一番やりたいのは何なのかっていう話になると、
“マリーゴールド”のこの感じ。
本当に私の土台、根っこはここにあるんですよね

『MUSICA8月号 Vol.136』より引用

 

(前略)

■この前の“満月の夜なら”や、あるいは“愛を伝えたいだとか”みたいなタイプの曲における独特のフロウもあいみょんの武器だと思うけど、でも今回の“マリーゴールド”は、フォークをルーツに持つあいみょんのど真ん中が非常に真っ直ぐに出た、これぞあいみょんの芯という曲ですよね。

「嬉しい……この曲、実は去年の夏にできてたんです。たぶん今までの曲の中だと“愛を伝えたいだとか”が1番注目された曲ですけど、私の中では“君はロックを聴かない”っていう曲が1番やったんですよ」

■それはどのポイントで?

「やっぱり、自分が今まで憧れてきた人から受け取った音楽性が滲み出てる気がするっていうのもあるし、私が今1番やりたい音楽の方向性はそこやったっていうのがあったんで。もちろん、いろんなジャンルの曲をやりたいし、できるようになりたいんですけど、でも“君はロックを聴かない”ができた時に凄く達成感があったんですよね。だから、私の中では次に超えるべき壁は“愛を伝えたいだとか”じゃなくて、“君はロック~”やったんです。だから“君はロック~”ができた後はずっと、この曲を超える曲を書かなきゃいけない!と思ってた。あの曲を超える曲を書かへんかったら私は音楽の中で残っていけへんって、自分の中で謎に壁を作ってしまって。それでずっとあの曲を超えないと、あの曲を超えないとって思ってた中でできた曲がこの“マリーゴールド”で。できた時に凄いめっちゃいい曲できた!って思って、すぐスタッフさんにも送りましたし、絶対にこの曲もシングルで切りたい!って思ってたんですけど、タイミング的に夏にリリースできるタイミングでもなかったですし」

■というか、去年の夏にできたってことは、もうすぐにアルバムをリリースする予定になってたもんね。

「そうなんです。でも夏にシングルとして出したかったので、アルバムには入れずに寝かしていて。そういう曲なので、今回本当に念願叶ってリリースされるっていう。もうほんま、早くみんなに聴いて欲しい。歌詞とかは今までの楽曲に比べると、特にめちゃくちゃ捻ってるとかいうわけでもないんですけど、とにかくメロディと言葉が上手く乗ってくれた曲やし、凄くいい曲になったなってずっと思ってるんですよ」

■少し話を戻すと、“君はロックを聴かない”に対して、あいみょんの中でひとつ自分の明確な芯となるものを打ち立てることができたっていう感覚は、他の曲よりも強いんだ?

「強い。あの曲は凄い思い入れが強いです。“愛を伝えたいだとか”はそんなめちゃめちゃ悩んで作ったわけではないですけど、少し言葉を絞り出してたりはしたんですよ。でも、“君はロック~”はナチュラルに自分の中から出てきた言葉達とメロディやったので。で、それに近いです、“マリーゴールド”も。なので今は、“マリーゴールド”が次の壁になっちゃってるっていう状態なんですけど」

 

(続きは本誌をチェック!

text by有泉智子

『MUSICA8月号 Vol.136』