Posted on 2017.12.15 by MUSICA編集部

BUMP OF CHICKEN、「PATHFINDER」完全密着第2弾。
久しぶりのライヴハウス編:Zepp Osaka Bayside 2デイズ
ここでしか読めない4人の姿を余すことなく綴る

久々のロングツアー「PATHFINDER」完全密着第2弾。
Zepp Osaka Bayside 2デイズに完全密着した、
ここでしか読めないし覗けない
ありのままの4人の愛しき時間、そして軌跡

『MUSICA 1月号 Vol.129』より引用

 

(冒頭略)

今回のPATHFINDERのライヴハウス編、僕はこの大阪のみならずZepp Nagoyaと新木場スタジオコーストも見せてもらい、その時からずっと思っていたが、今やBUMP OF CHICKENはアリーナ&スタジアムでライヴをするのが基本にあるバンドになったので、彼らのライヴにおける音楽的な環境はそこをベースに成立している。つまりライヴハウスに向けられた機材環境ではないし、スタッフ環境でもないということである。Zepp Nagoyaでも新木場スタジオコーストでも、とにかく今までのどのライヴハウスツアーよりもキラキラしてどっしりした、つまりは「凄い音」が今回のライヴハウスツアーでは鳴っているのだが、それは4人の成長だけではなく、スタッフの進化だけでもなく、アリーナでも最高の音響や映像を披露できる機材環境や、それにまつわるプロフェッショナルなスタッフが加わったからなのである。その技術や機材を、この2,000〜3,000人規模の場所でガーンと響かせたり灯したりすると、それはそれは必然的に凄い音や凄い演出になるのである。

 何故こういうことを長々と綴っているのかといえば、それは「リハーサルで神経尖らせて確認や試行しなければいけないことがたくさんある」ということを伝えたかったのだ。具体的に言うと、各々の楽器のワイヤレス環境。お互いのワイヤレス電波が干渉してしまうと、ノイズが出たり音が出なくなったり、様々なトラブルが起こる。それは実際に現場のライヴハウスで音を鳴らして曲を奏でないとわからないことも多く、その場その場で神経質にならなければいけない曲が複数あるのだ。それをスタッフ交えてリハーサルで丁寧に丁寧にやっている。

 さらに言えば、これだけの音声情報をこのクラスのホールでやると、必然的にモニター環境も変わってくる。いい音イコールいいモニター環境ではなく、その複雑な音の環境下ではプレイヤーとして演奏に集中するのが難しい局面も出てくる。この日のリハーサルでも、想定していたよりモニター音量を上げてくれだの、ドラムの下の音(キック音)をもっと欲しいだの、曲によって細かい要望や変更もあった。

 16時35分に一旦終了し、その後オープニングのリハーサルを行い、16時48分、終了。リハーサルを1時間20分浴びただけで、かなり心地よいエネルギーを放出した、そんな気持ちになるハードな時間だった。もちろん、僕の何十倍ものエネルギーを使って、自らの音楽をコントロールしたり、その音楽に振り回されているのは4人自身である。しかし彼らはむしろその葛藤を楽しみ、チャマとフジに至っては、Zepp Osaka Baysideという言葉を手拍子でリズムを取りながら、音頭にできないか、ステージ上で遊びながら試している。これ、本番どうなるんだろ?

 

(中略)

 

 本番用に着替えてきたチャマが、BFLYツアーの時のグッズのベースボールシャツを着て帰ってきたので突っ込んでみると、「最近はね、昔のツアーのグッズを着る気分なんだよ。音楽と同じように、時間が経っても自分で作ったグッズへの愛着は消えないんだよね。だからこうやって昔のグッズを着ることは、『大切に着てるよ、みんなはどう? 大切にしてくれてる?』って意味もどこか自分の中で含まれている気もするんだけど(笑)」と話しながら、鏡を見ている。

「ステージ上で、あ、爪切ってなかった!って自分の弾いている指を見て気づきたくないじゃん」と言いながら、フジが爪を切り、その発言にみんな「そうだよな、そんなことで一瞬でも気を散らせたくないよな」と真剣に受けている。その雰囲気に負けて「フジ、お前、割と楽屋に入ってすぐに爪切ってたよ、今日」とは言えずにいた18時40分、「5分押しで行きますよー」という舞台監督の声が廊下から響いてきた。その声を聞いてフジは最後の体ほぐしに動き、升はゴムパッドを均一に叩き始め、チャマがフジに続いて体のバランスを整え始める。

 そして18時52分、スタッフが4人のイヤモニを楽屋に持ってきて、装着し始めた。スタッフが「いい匂いがしますね」とメンバーに冗談混じりで言うと、大の大人がしっかりと恥じらんでいるのが面白い。兎にも角にもさあ、武器は揃った。

 19時02分、楽屋を出てステージ袖へ。ここでも今日の彼らは今までよりも若干「柔らかい」。これは緩いという意味ではなく、ほぐれていい塩梅ということ。緊張感を滲ませながらも、リラックスした空気が直前のステージ袖でも満ち溢れている。スタッフが「今日のライヴ、結構(フロアのお客さんの状況が)ギュウギュウなんで、かなり暑いと思います」と話す。チャマが「今日、2,800人いてくれてるんでしょ? 下北出身としては、その人数は最早ライヴハウスじゃない(笑)。ありがたいよね、ほんと」と話し、みんな微笑を浮かべながら頷いている。

 19時05分、オープニングのSEが流れる。2,800個の光る右手と、2,800個の誇り高き左手で、全力の手拍子が起こる中、升、ヒロ、チャマ、そしてフジが一人ひとりステージの光の中に吸い込まれていった。開演だ。

 オープニングSEは、アリーナ編と同じくフジが作った特製音源。ライヴハウス編はアリーナのように巨大LED画面を背負うことも左右に配置することもできないので、アリーナのように曲に合わせて作られたオープニング映像は出てこないのだが、逆にだからこそ、音の中から光の粒が弾けたり、絹のように綺麗で繊細な羽根のようなものが羽ばたく感触が目を瞑っているかのようにイメージできる。言うなれば、音楽という正解のない自由なイメージを楽しむオープニングだ。

 3曲終わり、リハーサルでチャマとフジが練習していた「手拍子つきの、Zepp Osaka Bayside音頭」でオーディエンスのみんなに合いの手を求めると、見事なコール・アンド・レスポンスが成立した。さすが上方大阪、リアクションの反射神経がハンパない。そこでチャマが「みんなギュウギュウ過ぎて、顔が肉まんみたいにパンパンになっているから(ちなみにここ、名古屋では『豚まん』ではなく『男梅』だった)、藤原さん、よろしく」と話すと、フジが「はいはい、ではみんな気持ち5cmでもいいから下がろうか、せーの」と促し、フロアを落ち着かせようとする。いつもはそれで如実に景色が変わって少しはスペースに余裕が生まれるのだが、この日は「あれ?」というほど景色が変わらない。その状況に不思議な顔をフジがすると、前線の複数のファンが「いや、横に! 横に!」と叫び出す。そこでフジが「みんなからの提案がありまして(笑)、後ろはいいんだと。ただ真ん中が詰まっているから、右に左に、横にズレてみようか」と言うと、今度は見事にスペースが生まれて割れんばかりの大拍手が湧き上がり、安堵の表情が宿る。冒頭から今日のライヴ、もうパーティー空間として完全にでき上がっている。

 リハーサルのパートで綴った通り、升のドラム台の前に3人が集まって輪になってイントロを奏で始めた“Ever lasting lie”が、やはりソウルフル極まりないというか、人生を一歩一歩慎重に、しかし力強く踏みしめる足取りそのもののようなグルーヴで奏でられ、心の奥をノックする。超初期の曲を久しぶりにこのツアーのために練習してやっているのだが、初期の頃と比べて随分と「育っている」。僕はこのツアーのZepp Nagoyaでのライヴ終演後、フジに「“とっておきの唄”や“宇宙飛行士への手紙”が、音やグルーヴの重量感が凄過ぎて、全盛期のGuns N’  RosesやBon Joviみたいだったよ」と話すと、「ありがとう。でもそれ、どういうリアクションなんだよ」と笑われたんだけど、でもこの日の“Ever lasting lie”も、そういう見事なソウルロックが地面に確かな証を打ちつけるように響いていた。

(続きは本誌をチェック!

 

text by鹿野 淳

『MUSICA1月号 Vol.129』

Posted on 2017.12.15 by MUSICA編集部

時代とロックバンドに新たな旋風を吹かせたSuchmos。
『THE KIDS』から始まった飛躍の1年を振り返り、
6人の今、そして未来へのヴィジョンを、語り尽くす

それぞれバンドマンとしてのアイデンティティがハッキリした
感じはしますね。プレイとか作る曲の雰囲気はその時々で変わっていくと思うけど、
そういうこと以前に、もう完全に、バンドとして間違いないものになった

『MUSICA 1月号 Vol.129』より引用

 

■MUSICAは毎年12月発売号で、その年の音楽シーンを振り返る年間総括特集をやっているんだけど、その中でMUSICAが選ぶ年間ベストアルバムのトップ50を発表していて。で、2017年のアルバム・オブ・ザ・イヤーにSuchmosの『THE KIDS』を選ばせていただきました。

全員「イェーーイ!」

■先日ファイナルを迎えた今年2度目のツアーも、ライヴバンドとしてのこの1年の確かな成長を見せつける形で大成功に終わって。その後でYONCE、HSU、KCEE、TAIKINGの4人はLAにバケーションに行って、つい最近帰ってきたんだよね?

YONCE(Vo)「そうですね。6月にもそれぞれ旅に行ったりしてたんですけど、今年はライヴも制作もやりつつ、ちゃんと各々のインプットする時間を取ることができて。日常以外の部分でそういうことができたっていうのはポジティヴなことだなって思うし」

■というか、今のこの国の若いバンドってリリースのスパンも短いしライヴの本数も多いし、常に何かに追われててインプットの時間が圧倒的に足りてないという状況があるんだけど、その中で今年のSuchmosの活動の仕方は凄く健全だし地に足がついてるなぁと思う。

YONCE「というか、元々それがしたかったんですよね。時間とかいろんな都合がつかなくて今までできなかったことができるようになってきたから、それぞれ自分のために旅をしたり、インプットしたりすることができてて。昔から、そうやって各々がキャッチしたものをバンドに持ち帰ってSuchmosの表現に落とし込んでいくことが楽しいと思ってずっとやってきてるんですけど、それがどんどんできてきてる。ある意味やってることは変わってないけど、行ける場所がもっと増えたしやりたいことも増えていってるっていう、そういう今ですね」

■本当にこの1年はSuchmosにとって本当に大きな飛躍の年になったと思うんですけど、まずはざっくりと、みんなにとって2017年という年はどんな1年でした?

YONCE「シンプルに、楽しかったです。2015年にCDを出してデビューしてから2年ですけど、毎年楽しむこと、楽しめることの幅が増えていっていて。それが凄くいいんですよ。楽しいよね、とにかく」

HSU(B)「っていうか、2017年はどんな1年でしたかって訊かれても結構答えにくいかも。だって1年で区切りついてないよね。むしろ区切りはなくない?って思うというか」

KCEE(DJ)「わかる。区切りないよね、ずっと続いてる感覚っていうか。そういう意味では『ここ3ヵ月どうでした?』って言われたほうが、言葉にしやすいかもしれない(笑)」

TAIHEI(Key)「まぁでも、2017年ってことで考えてみると、やっぱりツアーが一番リアルに脳みそに残ってるかな」

■この秋のツアーでZepp Tokyoと豊洲PITでのライヴを観ながらふと思ったんだけど、ちょうど1年前のツアーファイナルはまだLIQUIDROOMだったんだよね。2デイズで即日完売だったとはいえ。

YONCE「『MINT CONDITION』の時ね」

■そう。で、今年はツアーを2本回って、東京で言えばこの1年で新木場STUDIO COASTに恵比寿ガーデンホール、日比谷の野外大音楽堂、そしてZepp Tokyoと豊洲PITでワンマンをやったわけだけど、それら全部が初めてやるハコだったわけで。そんなバンド、他にいないよ。

YONCE「確かに初めて尽くしではありましたね。あと、ROCK IN JAPAN FES.に出るのも初めてだったし」

■国内最大規模の邦楽フェスに初登場でいきなりメインステージという。ONE OK ROCKのゲストとしてアリーナライヴをやったのも含め、ライヴバンドとして相当拡大したし、経験を積んだ1年だったよね。

KCEE「まぁそもそも、俺らがチョイスしてるツアーだったりライヴでは、同じところでは絶対やりたくないんですよね。毎回違うところで、常に上に行き続けてるっていう感覚を持ってたいんで」

YONCE「だし、自分達の歩みが早いとも別に思わないんですよ。あんまり他と比較してない、自分達のペースでやってるだけだから」

HSU「そうそう。だから自分達ではわかんないよね。他人と比べることを忘れちゃったから、嫌みじゃなくて本気で気にしてなくて。だし、あんまりその必要もなくなったというか」

YONCE「そもそも他を気にして音楽やるのって楽しくないしね。でもほんと、前にも増して気にならなくなりましたね。俺らは俺らっていうか………だからさっき言ってもらったようなことも、自分達としてはただただ普通にやってたらこうなってたって感じでしかなくて。もちろん、実際いろんなことが変わっていってはいるけど、でもそれも、すげぇ自然にグラデーションになってるような感じだよね」

KCEE 「たぶん周りから見たら、数百人のところからいきなり3,000人のところでやってるって思われてるのかもしれないけど、でも実際は500、700、1000って全部踏んでってるから」

■ただ、そのペースが尋常じゃなく早いってことなんだけどね(笑)。

KCEE「でも、たとえば今の俺らだったら武道館もできると思うんだけど、それはまだやらない、今はまだそこじゃないっていうのはチームみんなが理解してるわけじゃないですか。ほんと、着実に1歩ずつ上がってる感覚。だからビックリしてない」

TAIKING(G)「そうだね、ビックリしてない。あくまでちゃんとひとつずつ上がっていってる感覚だよね」

YONCE「まさに。で、その階段みたいなのは全部チーム(=スタッフ)がちゃんと考えて作ってくれてるんで。俺らは安心して歩めてるっていう」

OK(Dr)「そうね。でもそういう意味では、ハコの規模とかじゃなくて、チームメイトというか――たとえば照明さんが増えたりだとか、そういう仲間が増えてきたことで、自分らが大きくなっていってるのかなっていう実感を感じることはあったかも。俺らが表現をするために絶対に必要な人達がどんどん仲間になっていってるっていう、そこで感じる」

TAIHEI「確かに。あ、だから俺、今年1年と去年とで一番違うとこわかった。2017年は、Suchmosのツアースタッフが完全にグルーヴし出したきっかけの年だったかもしれない」

YONCE「あー、そうだね。それは間違いない」

TAIHEI「『THE KIDS』のツアーと今回のツアーで全国一緒に練り歩いて旅をしたことで、ローディさんとかPAさん、照明さん、あともちろんマネージャーさんも含めて完全にグルーヴし出したというか。お互いのことをちゃんとイジり始めたしね(笑)。なんか、チーム全体がバンドになってきたって感じがする」

YONCE「それは凄いあるね。だから今、いろんな距離感が凄くいい感じになってきてるなっていうのは思いますね」

(続きは本誌をチェック!

 text by有泉智子

『MUSICA1月号 Vol.129』

Posted on 2017.12.15 by MUSICA編集部

ヤバイTシャツ屋さん、戌年に放つセカンドアルバム
『Galaxy of the Tank-top』。新たなパンクロックの在り方
なのか、それとも得体の知れないただのタンクトップなのか

FM802の生放送に出た時に「週間2位、凄いね」って言われて。
僕らをバカにしてきたヤツらが急に思い浮かんで、生放送で号泣したんです。
横で全然関係ない運動会の話してるのに(笑)

『MUSICA 1月号 Vol.129』P.216より掲載

 

■セカンドアルバムだね。直近のシングル『パイナップルせんぱい』がチャートで2位まで行ったんだから、そして岡崎体育のアルバムが2位だったから、次は1位だ!っていう超越感も含めて宇宙(『Galaxy of the Tank-top』)を掲げてる作品なんですよね?

「いや、まったくそんなこともないんですけどね(笑)。やっぱり、1位獲ったらあかんなって思っちゃったんですよ。前回の『パイナップルせんぱい』の時に。あの作品は2位やって、『2位でよかった』って思ったんです。ホントに1位になってしまったら、ストーリー的なものも終わってしまうと思ったんで。理想を言ったら、1位を獲れる売上枚数で1位じゃないっていうのがいいです」

■往生際が悪いね(笑)。でも、どちらにせよ勝ちにいく作品だよね。そういう作品を作るにあたってはどういうイメージがあったの?

「言ったら、前のフルアルバムは既にライヴでやってる曲ばかりを入れたベストアルバムみたいなもので、新曲はほぼなかったんです。だけど今回は、アルバムのために作った新曲達で。新しいことにも挑戦したいし、だけど『らしさ』は残したいし、そやけど伸びしろもあるっていう――僕の持ってる『セカンドアルバム』のイメージそのままの作品にできたと思ってて。前のアルバムは、曲順に関してもガッチリ自分の理想があって、その曲順に合わせて曲を作っていく感じだったんです。だけど今回は、でき上がったものを納得いく形に並べていったらこうなった。だから、コンセプトも特になかったですね。その結果としてジャンルもぐちゃぐちゃで、うるさくて面白い作品になったと思うんですけど」

■そうだね。少し振り返ると、まず“ハッピーウェディング前ソング”が成功した要因は、どういうものだと解釈したの?

「これ、ライヴでのウケがいい曲なんですよね。叫ぶところもあるし、『パン、パパン、フー!』もあるし、サビは一緒に踊れるし」

■それに、サビのメロディが秀逸だった。

「ああ、嬉しいです。TAKUMAさん(10-FEET)にも褒められたんですよ。『メロディええな』って。よくこの曲があの苦しんでる時期に出てきたと思います(笑)。だからこの曲はアルバムの真ん中にも置いてて。この曲が好きで買ってくれる人もいてはると思うし」

■アルバム、相変わらず素晴らしいんですよ。前作を聴いた時にも「いいアルバムを作れるバンドだったんだ」っていうことに気づかされたけど、今回の作品は「いい作品だ」というより、いいロックバンドになったという感触を持ちました。いろんな曲が入っているけど、策にいろんなことを求めるというよりも、いいロックバンドとして、いいパンクバンドとしていい曲と音楽を作るんだっていう意志が作品全体から伝わってくる。

「嬉しいなあ、そういう気持ちは確かにありました。だからこそ、後半は結構エモい曲で固めちゃったんです。アルバム全体としてはそんなにトリッキーなこともしてへんし、ジャンルはいろいろあっても曲自体はかなりシンプルで――普通に、ボケ方を忘れてたっていうか(笑)。最後は肩幅のこと歌ってる曲ですけど、最後になんとなく聴いたら、凄くいい終わり方に聴こえると思うし」

■歌詞さえ追わなければ完璧なエンディングだよね(笑)。でも、「ボケを忘れた」と言ってくれたけど、そこはある程度意図的だったんじゃないのかなって思うんですが。

「そうですね。アルバムですし、そもそもボケだけで続くバンドじゃないと思ってるんで……そこに賛否両論があってもいいと思うんですよ。具体的に言えば“気をつけなはれや”と“サークルバンドに光を”は、今までのヤバTになかった完全ストレートな表現をしてる曲やと思ってるんですけど」

■完全に自叙伝ですよね。

「はい。それは(今までのヤバTが好きな人の間で)賛否両論あるかもしれへんけど、でも、だからこそ反応が楽しみですよね。否定的な人がいてもいいと思うし、こういう曲が好きな人もいると思うし。だからこそ、そこは攻めるところやと思ったし」

■ただ楽しいだけのバンドじゃないっていう意志や、ライヴで鍛え上げて、ソングライターとしても追究してきたここまでの落とし前をつけようっていう覚悟が、この作品の根底から聴こえてきて。その進化と変化は、バンドにとって人生の岐路を分けていく瞬間だと思うんです。その辺は、プロデューサー的な視点で言うとどういう想いがあったんですか。

「まさに考えたんですよね。ヤバイTシャツ屋さんって楽しいだけのほうがいいんかな?とか……それはライヴもなんですけど。ただ楽しいだけのライヴをする時もある一方、笑えるだけじゃなくて泣ける瞬間も作りたいと思うし、そういう瞬間は、活動の中で出るようになってきたと思います。ヘラヘラしたくない時だってやっぱりあるし、そういう時は無理してヘラヘラせず作っていったのが今回のアルバムやと思います。真面目になった瞬間に作った曲はやっぱり真面目になったし、だけどそれも今の自分やから入れておきたかったし……そしたら、自然とこういう作品になりましたね。まあ、リスクがあるとは思いましたけど、でも、このタイミングで『こんなにストレートなのもやるんや』って思ってもらえたら、それが今後の強みになると思ったんで。……正直な話、セカンドアルバムのうちにストレートなものをやっとかんとあかん!っていう気持ちもありました。そういう意味では、逆に今やっといたほうがええかなって」

■手札をちゃんと持ちたいし、持っている手札を隠すこともない状況を早めに作っておきたかったっていうことだよね。

「そうですね。今回はフォークソングもあるし。この感じって絶対メロコアバンドのアルバムではないじゃないですか。そうやって『何やっても許される状況を作る』っていう意味では前からやってきたことで、それが続いた結果の今作っていう感じだと思います。要は、何やっても許される状況作りです(笑)」

■でも、それを続けていくためには進化と自信と確信が必要なわけじゃない? こやま的には、ソングライティングのスキルとキレに対しての自信があった上でこうなっているのか、どういう感じなんですか。

「………後から自分の曲や歌詞を見返して『面白いな』と思うことはあるんですけど、作ってる最中はずっと『大丈夫かな』っていう感じですねえ。っていうかね、歌詞の分量がね、前作に比べて増えまくってるんですよ(笑)」

■そう、情報量が多いとも言えるし、言い切る潔さが少ないとも言えるけど。これは、何が表れてるものなんですか。

「……たぶん、いろいろ情報量を詰め込まないと不安なんやと思います。本当はね、前みたいにシンプルで言い逃げ感があるやつも作りたいんですよ。だから次は、そういうのを狙って作るとは思うんですけど」

(続きは本誌をチェック!

 

text by鹿野 淳

『MUSICA1月号 Vol.129』