Posted on 2018.10.22 by MUSICA編集部

25周年を超えたMr.Childrenが放った
強靭なる挑戦作にして衝動作『重力と呼吸』!
確信をもって新たにしたロックバンドとしての本能と覚悟を
桜井和寿、静かに熱く語り尽くす決定版インタヴュー!

 

撮影=佐藤航嗣(UM)

怒りでも悲しみでもない、これは喜びの叫び

『MUSICA11月号 Vol.139』より引用

 

(前略)

■実際にこのアルバムを作り始めたのはいつぐらいからなんですか?

「3年ぐらい前ですかね。2015年の年末とかには、デモがちらほらできてました」

■今日のインタヴューは『ヒカリノアトリエ』の取材以来になるんですけど、あの取材は2017年の12月の終わりにやっていて。その時にはすでに“ヒカリノアトリエ”とか“こころ”とか“お伽話”といった、当時新曲あるいは未発表曲としてホールツアーでやっていたもの、あるいはホールツアーでの自分達のモード自体に対して桜井くんは「もう飽きている」という言葉を使ってたんですけど(笑)。で、そこから飛び出して動物的なMr.Childrenというものに変わりたいと思っていて、まさにあの取材の日に「生き方を変えました」というメールと共に新曲のデモをみんなに送ったという、そういう日だったんですけど。

「ああっ! それはね、“himawari”ですね。“himawari”のアレンジをもっとロック寄りに変えていったんですよ。それこそ“こころ”とか“ヒカリノアトリエ”と同じ、いやもっと前から“SINGLES”とか“addiction”もあったんじゃないかな。“ヒカリノアトリエ”とか“忙しい僕ら”とか“こころ”は、いろんな曲がある中からホールツアーに適してるなと思って選んでホールツアーでやってたんで」

■ということは、そのくらいの時期からこのアグレッシヴで直球で勝負していくMr.Childrenというイメージは桜井くんの中にあった、と。

「いや、そこまでは明確ではなくて。でも……たとえばこのアルバムに“ヒカリノアトリエ”と“こころ”と“忙しい僕ら”があったら、たぶんいつも通りの、いろんなことができる、ヴァリエーション豊富な良質なポップバンドの新しいアルバムとして受け取られたと思うんですけど、敢えてそれをしたくなかったのは、たぶん『世界』というものがなんとなく自分の中にあったからなのかも。2020年の東京オリンピックの時に日本を代表するミュージシャンとしてもし僕らの名前が挙がった時に、じゃあその最新アルバムを聴いてみようってなって誰かが聴いて、『ああ、いろんなことをやるポップバンドなのね』って思われるよりも、一番名刺代わりとなる音にしたかったっていうのがあったんだと思います。明確に思ってたわけではないけど、でも僕の意識の中では結構な強さで思ってたと思うんですよね」

■なるほど。

「世界が東京に目が向く時に、『じゃあ日本のアーティストって誰がいる?』ってカタログで並んで、端からONE OK ROCK、B’z、サザンオールスターズって聴いていった時に、そこにMr.Childrenがいたとして『この人達ってこういうバンドね』って明確にわかるようなものにしたかったんでしょうね」

■それはとても興味深い。今の話を聞いても思うのは、『REFLECTION』の時期から小林武史と別れ、セルフプロデュースに変わっていったわけですが、あのアルバムは『{Naked}』という作品が一番よく表してると思うんですけど、なるべくプロデュースしないということがあの時期のプロデュースだったのかなと思ったんですね。それでいくと今回は10曲に絞ったということが何よりもそれを表してる気がするけど、ある意味、『重力と呼吸』というこのアルバムはMr.Childrenが初めてMr.Childrenをがっつりプロデュースした作品として位置づけられるんじゃないかと僕は思っているんです。プロデューサー・桜井和寿として、その辺はどうなんですか?

「『REFLECTION』というアルバムは、初めて小林さんとやらなくなったアルバムなので。たぶん僕の自意識としては、小林さんがいなくなったからMr.Childrenの音楽って引き出しがなくなったよねって思われることが僕にとって一番の負けだったから、すべての引き出しを全方位で出すっていうのが僕なりのプロデュースだったんですよ。で、あれから時間も経った中で、今はもう小林さんがいたらとかいなくなったからとかは誰も気にしてないし、今回はより明確にMr.Childrenというものを打ち出したいっていうのはあったと思います」

(続きは本誌をチェック!)

text by鹿野 淳

『MUSICA11月号 Vol.139』

Posted on 2018.08.29 by MUSICA編集部

削ぎ落されたサウンドプロダクションの中で、
豊潤で果てなき宇宙を響かせたアルバム『Sonatine』。
大いなる進化と深化によって鮮やかに真価を開花させ、
猛スピードで新たなフェーズをひた走る3人と語り合う!

 

撮影=木村篤史

凄い柔軟に流動しながら曲ができてる。
3人がどんどん自由にミックスされていく、
その柔軟性ってそれこそ生き物みたいな、
自然の揺らぎのものだと思っていて。それはバンドサウンドのよさですよね。
肉体的な、根源的な部分で形が変化してくっていうのは面白い

『MUSICA9月号 Vol.137』より引用

 

(前略)

櫻木「本当に、凄い柔軟に流動しながら曲ができてる感じなんですよね。そうやって3人がどんどん自由にミックスされていく、その柔軟性ってそれこそ生き物みたいな、自然の揺らぎのものだと思っていて。それはやっぱり、バンドサウンドのよさですよね。電子音楽でもそういうことを表現できる人は本当に数少なくいますけど、やっぱりプログラムがあってのものだから。もっと肉体的な、根源的な部分で形が変化してくっていうのは面白いし、体に馴染みやすいんじゃないかなって思うし。D.A.N.にしかできない部分は結構そういうところにあるのかなって思いますね」

■そして歌詞のことも訊きたいんですけど。“Pendulum”の<きっと いつか わすれる つもり>、<どうせ いつか このほしも おわる>、<きっと いまは とどかぬ みらい>、あるいは“Replica”の<花は枯れるほどに/息吹を返すさ/有り余るほど脆い>という言葉など、非常に印象的な言葉が多いんですが。全体に、過去と未来の狭間にぽっかり浮かんでいる今っていうもの、終わりと始まりの狭間にいる感覚、あるいは生と死というものを感じさせる歌詞になっていて。その狭間感は過渡期にある今の時代を象徴しているなとも思うんですが、自分ではどう捉えてますか。

櫻木「歌詞ってどうしても、凄い潜在的な部分での自分の人生経験みたいな部分が反映されると思うんですよね。それはいつも、録音して聴いてみてから気づくんですけど。でも今回は、全体的に自分の死生観とか生きることとか、何かと離れる/別れるみたいな部分の刹那みたいなものを反映せざるを得なかったというか………今っていう瞬間をどういうふうに生きるかで過去も凄い意味が変わってくると思うんですよ。過去っていうものも確定されてない、凄く漠然とした不安定なものだと思うし、(略)未来も、自分が今どうするかによってどんどん変わっていくし。だから今ここにいるってことを強く意識することで、過去も未来も変わっていく。そういう感覚がひとつと、あと自分が生きてる今の世界って疲弊があると思うんですよね、どうしても。だから今回は<泳ぎ疲れた>という歌詞が僕の中でひとつのキーワードではあって――」

■実際、“Chance”と“Borderland”の両方でその言葉が出てきます。

櫻木「そうなんです、これは意図的に同じ言葉を使ってて。『Sonatine』っていうアルバムタイトルも、北野武さんの『ソナチネ』っていう映画から取ったんですけど、あの映画も主人公がもうヤクザやることに疲れたよって言って、沖縄へ逃避行するじゃないですか。その感じって自分が今回歌おうとした内容と偶然一致してたんで、それが個人的にはタイトルの決め手になったんですけど。だから“Boderland”っていうのも、生死の境界線のことなんです。その境界線に立ってる自分を俯瞰して書いてる部分があるし、この曲や、あるいはアルバムの全体的な流れに関しても僕は人生みたいだと思ってて。特に“Borderland”は人生で起こり得ることみたいな部分、死生観みたいな部分が、歌詞の上では大きいテーマではありましたね。………今回は全体的にどの曲も、『今を漂う』とか『今を生きる』みたいな部分に凄いフォーカスしてると思う。そう僕は解釈してますね」

■今話してくれたことがテーマとなった時、“Pendulum”で<いまは とどかぬ みらい>、<いまは とどかぬ ねがい>と、今何か叶うわけではないということを歌ったのは、ご自分の何を表してるんだと思いますか?

櫻木「基本的には、僕は未来がどうなるかっていうことに興味があって。具体的に言うと火星移住計画とか、今の地球が1回幕を閉じて人間がまた違う価値観と社会みたいなものを作る未来とか、そういう話に興味があるんですよね。で、結構意識としてはそういう状況下に置かれた自分達を歌っているというか。……でも、『漠然と生きるんじゃないぞ』っていう警戒を促す、みたいな部分も実はあります」

(続きは本誌をチェック!

text by有泉智子

『MUSICA9月号 Vol.137』

Posted on 2018.08.29 by MUSICA編集部

ぶっ飛んだセンス、鉄壁のグルーヴ、不敵なムード――
圧倒的な説得力で急速にその勢力を拡大するKing Gnuが
この夏投下したふたつの新曲“Flash!!!”、“Prayer X”。
次代への風穴を開けた革新犯、その現在地を探る!

 

撮影=中野敬久

世界的にみたらミドルテンポの曲でもハードコアな要素っていうかエッジの
効いたものってのは山ほどあって。
アップテンポだろうがミドルテンポだろうが、常に凄いパンチのある
エッジな表現ではありたいなと思ってる

『MUSICA9月号 Vol.137』より引用

 

(前略)

■曲の話からは離れるんですけど、そもそも常田くんってなんでバンドをやろうと思ったんですか? つまりバンドって世界的に見たら衰退してるし、常田くんはトラックメイクもできるわけで、現実的にKing Gnuの音源もかなり作り込んでるわけで、ひとりでやるほうが自由度が高いわけじゃないですか。でも、今この時代にバンドをやりたいと思うのは、そこにどんな勝算だったりロマンがあるからなんですか?

常田「バンド衰退っていうか、バンドが凄い乗り遅れてる原因として、こんだけ早い音楽の流れというか進化の中で、バンドっていうのはどうしても動きが重いし、音楽も平均値的になっちゃいがち。各々の裁量でプレイしていくからよっぽどメンバー全員で到達したい音楽像が共有できてない限り、ヌルくなるっていうか。変なバンドはね。で、正直、ヒップホップとかもそうだけど、生バンドよりもビートの効いたイカつい打ち込みのトラックが聴きたい事もあるし。……っていうのは確かにありつつ」

新井「うん、わかる」

常田「でもKing Gnuにおいては、最初に俺がガーンと出したヴィジョンへの共感と、各々へのリスペクトでの自然な形でのプレイっていうのが、King Gnuの前提になってるから。だからさっき挙げたようなバンドのストレスはない。そういう意味でその辺のバンドとはちょっと違うのと、あとはやっぱり、ライヴにおける身体性っていうのは絶対になくならないことだと思うんですよね。だからバンドが衰退してる原因は、俺は単純に音楽の進化の遅れだと思う。単純に一個人が新しい音楽を作り出してくスピード、『あれ新しいじゃん!』っていうスピードにバンドは今ついていけてないからヒップな印象がないっていうのがあると思うんだけど。でもバンドのカッコよさって絶対普遍的なものだと思うんで、そこにバンド勢は自信を持っていいんじゃないかと。かと言って、音楽的な発展が今のスピードのままでいいかって言われたらそれは別ですけどね。でもなくなんないと思いますよ、バンドのカッコよさって。バンドっていう見え方だからこそのエネルギーは絶対あると思います」

■話をちょっと戻すと、4人の平均値になってヌルくならないために、このバンドは具体的にどうしてるんですか?

常田「………(考える)……3人が、俺が最終的に描くサウンドヴィジョンを信頼してくれてるっていうのは大きくある。だからトライしてくれるっていうのはあると思うし、だからこそ『これ、バンドなの?』っていうエッジなトラック感があるバンドになってる。ビートメイカーのstaRoさんが“McDonald Romance”聴いた時に『バンドでこれやられたら勝ち目ないよ』って言ってくれたらしいんだけど、そういうことがちゃんと起こり得るっていうか。あれを普通に生のドラムでセッション感覚でや作りあげたらああはならないし。あと、このメンバーを決めるにあたって、各々の魅力っていうものをリスペクトした上での完成図なので。だからじゃないですかね」

新井「ある種無責任というか、頓着しないから。自分のプレイに納得してたらあとはなんでもいいよっていうところがあるんですよ。少なくとも俺は結構ある。それがいい作用になってるんじゃないですかね。なので、急に構成が変わっても全然いいし。各々自分ができることを最大限やる。あとは見えてる人に投げるっていう」

常田「みんな音楽の完成形・至上主義だから。俺もそうだし。完成形がカッコよければ俺がギター弾かなくてもいいし、和輝も別にベース弾かなくてもいいと思ってると思うし。そこへの執着はないかもしれないですね」

新井「そこは俺の場合は、元々バンドマンじゃなかったからっていうのもあると思いますね。ライヴミュージシャンではあったけども、ジャズやスタジオ・ミュージシャンもやってて、渡されてすぐ曲やって終わりみたいなのをやってたので。そこでは、その時に起こってることに対して自分の音をどう鳴らすかってだけなんですよ。そういう下地があって今やってるんで。で、King Gnuのライヴの強さっていうのは、俺と遊がそういうところでずっとやってたっていうのも大きいと思うし。そういうフィジカルの強さみたいなものは俺らにあって、一方で音楽のコンセプトとかサウンドの全体像は大希が先頭切ってやってくれてるっていう。そこでの両立が、結果、King Gnuの強さになってるんだと思いますね」

(続きは本誌をチェック!

text by有泉智子

『MUSICA9月号 Vol.137』