Posted on 2017.06.21 by MUSICA編集部

ビッケブランカ、圧倒的なエネルギーに満ちた
アルバム『FEARLESS』リリース!
歌う意義と音楽が存在する新作を語り尽くす

マイケルもフレディもMIKAも、
「俺達は無力だ」って言ってるように聴こえるんです。
でも、それが生きることでその先に希望があるから、
僕もまったく同じように歌ってるつもりです

MUSICA 7月号 Vol.123P.102より掲載

 

■『FEARLESS』、本当に語りどころがたくさんある素晴らしい作品です。凄く衝動的な作品だとも思いましたし、グラマラスでセクシーさもありながら、それでいてしっとりと聴かせる部分もあるアルバムになっていると思いますが、ご自分ではどんな1枚になったと思いますか。

「どんな1枚だろうなぁ……なんか変な感じなんですよね、作るとわかんなくなるっていうか。これは捉え方を間違って欲しくないんですけど、もう今は作ったものに対して興味があまりないんです。作る時の熱量っていうのは物凄いものがあった。でも今こうしてでき上がってしまったら、あとはみなさんに聴いてもらって、聴いてくれた人がどう歩み出していくかっていうことに僕は完全に興味がいってるから。どういうふうに捉えてくれて、どの曲を好きって言ってくれて、どの曲に背中を押されてくれるのかっていう、そっちの期待しかないんですよね」

■『FEARLESS』っていうタイトルはどこから来てるんですか?

「そもそも『こんなアルバムにしたい』みたいなものは設けず、今ビッケブランカができることやろうっていうのは変わらずなんですよね。そうやっていく中で今回は2曲目の“Moon Ride”が生まれ、“Take me Take out”という曲があり、バラードの“さよならに来ました”っていうのがあるってなってきたところで曲順から決めてくわけです。で、一番最後を飾る曲がないなぁって思って、じゃあ“THUNDERBOLT”を作ろうってなってなったんですけど。その“THUNDERBOLT”ができた時に、この曲がアルバム名を引っ張ってきたんです」

■この曲が「恐れない」っていうインスピレーションをもたらしたと。

「はい、単語の意味だけ見ると『怖いもの知らず』だとかそういう意味ですよね。その点で言えば、ビッケブランカのライヴを観てくれた人からはキャラに合ってるとか心が強そうとかって言ってくれる人もいるだろうし、その解釈でも僕としては全然構わないんですけど。でもここで僕が本来の意味としてつけたのは、本当に強い人はFEARLESSではないんですよ。本当に強い人はSTRONGだしPOWERFULGREATなわけです。だから強いマッチョマンとかは、FEARLESS マッチョマンとは言わずSTRONG マッチョマンであり、POWERFUL マッチョマンなわけで、じゃあFEARLESSって言葉をどこで使うのかって言ったら、FEARLESS ファイヤーマン(消防士)なわけです。つまり、火事の現場っていう恐ろしいもの、本来なら誰もが怖いと思うようなものに立ち向かっていくその行動こそがFEARLESSなんです。ただ単になんでも無茶しちゃうぜ!っていう、上辺だけものではないんですよね。そういう弱さだったりっていう、ネガティヴなものからの1個反動があるっていう、そこが僕にとっては『FEARLESS』の一番重要な部分かなと思います」

■弱さっていうのは、ビッケさんが抱えているものでもあるんですか?

「それはねえ(笑)………いや、もう僕が自分のことを弱いとか、辛さがあるっていうことをもう言う必要もないのかなって凄く思います。このアルバムができた経緯がどうだとかそういうのはもう野暮過ぎる。可能であれば、このインタヴューでもむしろ僕のほうが意見をどんどん聞きたいぐらいだし、このアルバムについての想いはみなさんにはなんとか曲でわかって欲しいしから。『僕はこんな思いをしました。それを曲に落とすことでこういうことができています』と。『そしてそれをみなさんに聴いてもらって同じように何か乗り越えてもらえたら――』っていうような言葉はもういらないっていうふうに今はなっています」

■たとえば、ネガティヴなものをポジティヴなものに反転させたいっていうのはずっと変わらずあると思うんです。

「それはずっと変わらないですね」

■でも初期のように、ビッケさん自身が先の見えない孤独とか暗闇感を抱えてる感じはあんまりなくなってきてるように見えるんですよね。

「そうかもしれないです。自分の中でのモヤモヤっていうものがどんどんなくなってるし、本当に好きなように作らせてもらってるので、その現状に感謝が止まんないから。というか、むしろ今は『人間が生きるっていうことがもう悲しみである』みたいなところに行ってる。自分の置かれている現状がどうとかじゃなくて、当たり前に人間は悲しいものであり、当然みんなが悲しみを抱えているわけであって、それを転覆させようっていうのはつまり希望に向かって行くことなんだって。そうやってもっと大きいもので捉えるようになったんです。“THUNDERBOLT”はまさにそういう気持ちが出た曲で、ラストはこんな感じで終わりたいって思ったんです。悲しみを抱えた人間――俺達みたいな者が最後にはちゃんとひっくり返るっていうふうにやりたかったんです」

(続きは本誌をチェック!

text by黒田隆太朗

『MUSICA7月号 Vol.123』

Posted on 2017.06.21 by MUSICA編集部

THE ORAL CIGARETTES、
覚悟のシングル『トナリアウ/ONE’S AGAIN』を投下!
語ることのなかったコンプレックスと、確かな自信を語る

主語が全部「自分」になってきた感じがします。
だからこそ「お前が悪い」じゃなくて、
「俺がもっと責任を持ってやればよかった」っていう感じになってきてます

MUSICA 7月号 Vol.123P.96より掲載

 

■前号の仙台PITでのツアー密着から2ヵ月連続の掲載になるんですけど、本当に前号ではいい経験をさせてもらって、いいライヴを観させてもらいました。まず、今回のシングルの話に入る前に、改めて振り返らせていただきたいことが何点かあって。拓也にとって『UNOFFICIAL』というアルバムが自分や音楽シーンにもたらしたものはどういうものだったと思いますか?

「間違いなく自信ですね。何にも代えられない、今までに得たことのない自信みたいなものを『UNOFFICIAL』でもらった。それはきっと、リリースする前に不安になってたからこそっていうのもあるんやと思うんですけど」

■それって、『UNOFFICIAL』で自分達の音楽性をスケールアップさせたことによって不安になったっていう話?

「そうですね。スケール感もアップさせたし、より自分自身の個を尊重した作品だったから。その個を尊重することが今のシーンに合ってるかも正直わからなさ過ぎたし」

■シーン全体に全体主義的な思想が見えるし、音楽を聴くっていう今のスタイルの中にも、みんなで協調していく/共鳴していく状況があるからってこと?

「いや、どちらかと言ったら、元々あった自分の声へのコンプレックスをどう生かしていこう?っていう部分を考えてて……やっぱり自分の声って世間に受け入れられにくいなって感じてた時期があったんですよね、ずっと。『歌い方が気持ち悪い』とか言われることもあったし(笑)」

■ははははは、と笑っていい話ではないけど。酷過ぎて笑うしかないな。

「ですよね(笑)。でも、いい意味でも悪い意味でも、自分の声って今の音楽シーンの中にいないなって思ってたんですよ」

■この10年間で、ひたすらトレンドの声のトーンが高くなってきてるからね。

「そう。僕はそことは真逆を行ってたので、自分の低い声を生かした歌い方をシーンにぶっ込んでいって、さらにそこに歌が生きる時代が欲しいって願ってしまっていて。自分のそういう歌い方って受け入れられるのかな?っていう怖さはあったんですけどね。でも実際『UNOFFICIAL』出した後のライヴとかを通して、自分の声どうこうじゃなくて、アイコン的な形でオーラルの山中拓也が歌ってるっていうところにみんなが共鳴してくれてるんだっていう感覚を得られて。自分がどんな音楽を鳴らして、何を歌うかっていうことも大事やけど、自分がどういう生き方をして、どういう人間であり続けるかっていうことのほうが今は大事なんじゃないかな、っていう自信もそこでもらった。それによって、自分達がやってきたことが間違いじゃなかったんだっていう、生き方を肯定してもらった感じがしました」

■今の話をもうちょっと紐解きたいんですけど、『UNOFFICIAL』で音楽のふり幅も広くしたし、歌の力が強い楽曲が多くなったことによって、必然的に「歌唱」というもののパートが非常に重くなったし、そこが重要なポイントになってくる曲が増えました、っていう話だよね?

「はい、その通りです」

■となると、そもそも拓也はコンプレックスだった自分の声をバンドといういろんな楽器の音と重ね合わせる、叩きつけ合うことで自分の声をサポートしてもらう、もしくはそこでリカヴァーしてもらうみたいな気持ちを持っていたの?

「それ、あったと思います。バンドのサウンドっていうところで言うと、ギターリフをこうしてくれとか、ギターリフを覚えられる楽曲をどんどん作っていこうとしてたし、演奏はちょっと捻くれてる感じで、曲をカッコよくしていこうって思ってたし。そういう思いは『The BKW Show!!』とか『FIXION』までは凄くあった気がします」

(続きは本誌をチェック!

text by鹿野 淳

『MUSICA7月号 Vol.123』

Posted on 2017.06.20 by MUSICA編集部

この1年でひと回りタフになったKANA-BOONから、
等身大のエールソング『バトンロード』が到着。
褪せることのない情熱を4人全員で語る!

結果的に自分達に対してっていうのは強かったかもしれないですね。
上っていこうっていうタイミングでもあったやろうし、
ここから始まっていく自分達への応援歌みたいなところもあったと思います

MUSICA7月号 Vol.123P.90より掲載

 

(前半略)

■“バトンロード”という曲が新しいシングルとしてリリースされます。私はこの曲、つい「バンドロード」って呼びそうになるんだけど(笑)、それは語感が似てるとかいう理由だけじゃなくて、この歌にはKANA-BOONとしてのバンド道というか、バンドを続けていくことへの決意と覚悟が歌われているなと思うからっていう理由が大きいんだけど。いいことばかりじゃないっていう現実もしっかり見つめた上で前を向いて、もがきながら懸命に進んでいる今の4人だからこそ歌い鳴らせるリアルなエールだと思うんです。これはいつくらいに作った曲なんですか?

古賀「1月の9日、10日辺りじゃなかった?」

■ということは、2017年の1発目に作り始めた曲なんだ? 新しい年の最初に取り掛かった、その心意気や決意みたいなものも反映されてるの?

谷口「いや、今回はちょっと特殊な感覚っていうか。前に“シルエット”や“ダイバー”を書いた時は、NARUTOシリーズの主人公達と同じ目線になって、自分達のいろんな状況とかも照らし合わせてって感じだったんですけど、今回はNARUTOの息子のBORUTOが主人公なんで(『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のOPテーマ)、NARUTOから地続きではあるけど、でも僕らがずっと見てきたものの次の世代の新たな物語の始まりで。だから主人公目線ではなくて、それを俯瞰して支えるというか、応援するような形で書いたんですよね。だから『20171発目の曲作りやぞ!』っていう感じよりは、BORUTOの世界にどれだけ入れるかっていうことで書いてて。でも、“シルエット”の時もそうでしたけど、結果的に無理することもなく自然とちゃんと自分達ともマッチする曲ができたなと思います」

■というか、完全に自分達に対するエールじゃないけど、改めての決意宣言のような曲として力強く聴こえてくるなと思いました。

谷口「結果的に自分達に対してっていうのは強かったかもしれないですね。上がっていこうっていうタイミングでもあったやろうし、ここから始まっていく自分達への応援歌みたいなところもきっとあったんやと思いますね」

■去年から、これまでのようなセッションで曲を作っていくのではなく、鮪くんがまずひとりで曲を作り上げてバンドに展開するという形の曲作りを続けているっていう話をしてくれてましたけど、この曲は?

谷口「曲は僕が全部作って、メンバーに送ってというやり方ですね。去年から言ってた新しい作り方をやったっていう感じですね」

■みんなはこの曲聴いた時にどう思いました?

小泉「たしか、古賀がこの曲がいいって初めに言ったんですよね」

飯田「俺はもう1個のほうを推してて」

谷口「これよりも前にもう1曲、候補の曲があったんですよ」

古賀「もう1個のほうはもの凄くポジティヴで、サビメロがメジャー調やったんですけど、NARUTOはそうではないんじゃないかって僕は思ったんですよ。僕らがNARUTOの作品に関わる時に向けてるものって、ちょっと違うなって思ってたんですね。明る過ぎないというか、真剣さが入ってる曲というか。ちゃんと深い意味があって………これ、もう1曲に深い意味がないってことじゃないよ!」

谷口「いやいや、完全にそういう言い方やったやん。もう1曲は深い意味もなくて真剣さがない曲みたいな言い方やった(笑)」

古賀「ちゃうねん! こっちのほうがなんか深いところまで入ってくる感じがしたんです。ストレートに胸に刺さるというか。肩組んで行こうぜって感じじゃなくて、同じ歩幅で進んで行こうぜって感じっていうか。……違うか。うーん、なんて言ったらいいんやろうな」

■明るいだけじゃない、そして上から目線でもない、ちゃんと心を抉るようなリアルなメッセージを曲調からも感じるということなのかな。

古賀「うーん、そんな感じだと思います!」

飯田「今回の曲って凄いエネルギーがあるなって思って。それは音を重ねていったり、でき上がってアニメで放送されてるのを観たり、あとライヴでやってみた時の感触として、だんだん感じるようになったんですけど。今までいろいろ出してきた曲の中でも実はずば抜けてエネルギーがある曲やなって思っていて」

■音像的に4人の音以外も鳴ってるんだけど、でもバンド感の強い、言ってみれば初期衝動感が強い曲だよね。

飯田「そう、Bメロのあの感じとかは凄い思いますね。楽器が4本ガチッと揃ってるみたいな。初期の頃にやってたアプローチを思い出します」

谷口「潔さみたいなものがあればいいなっていうのは思ってましたね。アニメ自体もフレッシュなものやし、自分達の今の状態とも合うなって思って。初期衝動感っていうか、4人がバッと楽器持ってかき鳴らしていくような、そういうイメージは考えながら作りましたね」

(続きは本誌をチェック!

text by有泉智子

『MUSICA7月号 Vol.123』